ウェブDeBLOG|トライデントコンピュータ専門学校 Webデザイン学科

トライデントコンピュータ専門学校 Webデザイン学科の最新情報を紹介しています。学生へのインタビュー記事から学生作品の解説、Webデザイン・マークアップ・プログラミングの授業風景、プロジェクト発表会、名古屋のWeb制作会社情報、イベント参加レポートやWeb制作の技術解説などWeb制作に関連する記事を掲載しています。トライデントコンピュータ専門学校は、いま話題の名古屋駅からユニモール地下街を歩いて3分です。 

2015.12.23 [水] そろそろFlexboxを勉強し始めてもいいんじゃないだろうか

最終更新:2017.11.18Webサイト制作Tips

学校は冬休みに入りました。こういった長期の休みで新しい知識や技術を習得するのも良いのではないでしょうか。

flexbox_001.jpg
素材:PAKUTASO

Webデザイン学科の新入生がHTML, CSSを学ぶ上で、なかなか理解しづらいのが要素を横に並べたりするときに使うfloatの扱い方です。いまのところ、Webサイトでレイアウトを組む上で、必ずと言っていいほど利用されています。ただ、親要素の高さがなくなるため、clearfixというテクニックを使ったり、幅などを計算して数値を設定しなければいけないなど、なかなかくせ者です。学生のソースを見てみると、やたらとclearfixを使ったり、positionで無理やり置いたりとあらゆる手でfloatを避けようとしていますが、避ければ避けるほどハマってしまいます。

昔からなぜ、こんなに理解しづらいものしかないのか、と思っていたんですが、そろそろCSS3 Flexible Box (可変ボックス)またはflexboxが最新のブラウザ(IEはまだ微妙ですが)で、利用ができるようになってきました。最近、Web技術系のブログでもたびたび取り上げられています。

flexbox_002.jpg

年明けの1月12日からInternet Explorerのサポートポリシーが変更になります。これで現在サポート中のWindowsOSでのInternet Explorer11以上の利用が促されます。これから購入するPCのブラウザはEdgeになりますので、近い将来flexboxの利用が普通になってくるはずです。

ということで、flexboxの使い方を調べてみました。

Flexible Box Layoutとは

まずは、CSSの策定をしているW3Cの仕様を見てみます。どうやら最終草案のようですね。

Abstract
The specification describes a CSS box model optimized for user interface design. In the flex layout model, the children of a flex container can be laid out in any direction, and can “flex” their sizes, either growing to fill unused space or shrinking to avoid overflowing the parent. Both horizontal and vertical alignment of the children can be easily manipulated. Nesting of these boxes (horizontal inside vertical, or vertical inside horizontal) can be used to build layouts in two dimensions.

この仕様は、ユーザインタフェースの設計に最適化されたCSSボックスモデルを記述する。Flexible Box Layout Modelでは、flex containerの子は、任意の方向に配置することができ、いずれかの未使用のスペースを埋めるために拡大または親のオーバーフローを避けるために縮小し、そのサイズを「曲げる」ことができます。子供の両方の水平および垂直位置合わせを簡単に操作することができます。これらのボックスのネスティング(垂直、または垂直内側水平内側横)が2次元でのレイアウトを構築するために使用することができます。

Google翻訳のおかげでもあるのですが、相変わらずわかりづらいですね。flex containerの中で水平、垂直に「曲げる」ことができるらしいです。「曲げる」ってなんだ?実際に使って理解するほうがいいですね。

では、実際に使ってみましょう

横並びといえば、ナビゲーションですので、作ってみましょう。


floatだとCSSは下記のように書きます。

ul{
    list-style-type: none;
    overflow: hidden;
}
li{
    float: left;
    width: 25%;
    padding: 1em 0;
    text-align: center;
    background-color: #33CCCC;
}
li:nth-child(even){
    background-color: #00CCFF;
}

親要素の高さを付けるために、ulにoverflow:hiddenをつけます。
違いが分かりやすくするために、liのひとつを改行しておきます。
さらに、色を付けたり、整えたりすると

では、Flexboxを使います。先ほどと同じhtmlを使います。CSSからliのfloat:leftやulのoverflow:hiddenを外して、横並びにしたいliの親要素ulにdisplay:flexと入れます。

ul{
    display: flex;
}

横並びになりました。もちろん高さも持っていますし、さらにFlex itemの高さが揃います。並べるという行為は同じですが、ちょっと感動です。このdisplay:flexで定義された親要素をFlex container (Flex コンテナ)、子要素をFlex item (Flex アイテム)と呼びます。並び方は初期値flex-direction:rowが入っていて、横並びなるようになっています。変更して並び方を見てみましょう。

まずは、上から下へ並べます。

ul{
    display: flex;
    flex-direction:column;
}

続いて、横並びで逆方向から並べます。

ul{
    display: flex;
    flex-direction:row-reverse;
}

そして縦並びで逆方向から並べます。

ul{
    display: flex;
    flex-direction:column-reverse;
}

なんなんでしょうか!この簡単さは!中身を「並べるよ~」「横並び逆!」な感じですので、理解しやすいですね。

さらにfloatでよくあるのがカラム落ちですが、親要素の横幅に入らなかった場合は、どうなるのでしょうか。liの横幅を30%にします。4つありますので120%ではみ出しますね。

初期値はnowrapで、そのままはみ出されます。これを折り返すようにするには、ulにflex-wrap:wrapと書きます。

ul{
    display: flex;
    flex-wrap: wrap;
}
li{
    min-width: 30%;
}

こちらも逆方向に設定ができるので、flex-wrap:wrap-reverseと書きます。さらに flex-directionとflex-wrapはショートハンドで一緒に書けますので、横並び逆で、改行も逆にしてみます。

ul{
    display: flex;
    flex-flow: row-reverse wrap-reverse;
}
li{
    min-width: 30%;
}

追記:min-width:30%だけだとsafariでは、flex-wrapが効きませんでしたのでflex-basisを一緒に書くことで解決しました。flex-basisの解説は後の方でしています。

では、逆に小さくしてul内で移動、変更してみましょう。

親要素内で表示位置をカスタマイズ justify-content

justify-contentプロパティで変更します。justify-content:space-betweenとすると、最初の要素が左、最後の要素が右に移動して他の要素が均等に配置されます。

ul{
    display: flex;
    justify-content:space-between;
}
li{
    width: 15%;
}

これも、とても便利ですね。space-aroundだと、最初の要素の左と最後の要素の右にも、他の要素との空きの半分の数値が入ります。もう親要素の横幅と子要素の横幅、marginを計算してpaddinやborderが…なんてのも必要ありません。

さらに左揃え(flex-start)や右揃え(flex-end)もできますが、中央揃え(center)が便利です。

ul{
    display: flex;
    justify-content: center;
}
li{
    width: 15%;
    margin: 0 10px;
}

1行しか書きかえてないのに自由自在です。今はナビゲーションで検証していますが、本来はWebサイトのコンテンツをレイアウトすることが可能です。

ちょっと長くなってきましたが、今回は、この記事内に収めたいと思いますので、続けます。

flexbox_003.jpg
素材:PAKUTASO

垂直方向の揃え方 align-items

レイアウトの時に高さの基準を揃えるのに苦労しますよね。それもFlexboxでは解決してくれます。align-itemsを利用します。

高さをバラバラにした、要素を用意します。初期値はstretchで、Flexアイテムの高さを自動で合わせてくれます。高さをバラバラにした場合、flex-startで上または、左(※縦に並んでるとき)に揃います。flex-endで下または右(※)に揃います。下にしてみましょう。

ul{
    display: flex;
    align-items: flex-end;
}

その他、centerで縦の中央揃え、baselineでベースラインで揃います。レスポンシブWebデザインでスマートフォンの場合、flex-wrapで改行され、複数行で配置された場合は、align-contentを使い、まとめたブロックとして縦の位置を設定できまます。ul, liに高さをつけて、ulの背景に色を入れてわかりやすくしておきます。

Flexコンテナには、軸があります。主軸 (main axis) は flex アイテムのいずれに対しても平行な軸で、交差軸 (cross axis) は main axis に対して垂直な軸となります。このcross axisがアイテムよりも大きく余白ができた場合、align-contentを利用できます。初期値は、余白を各行に分割して配置します。

ul{
    display: flex;
    flex-wrap: wrap;
    height: 10em;
    background-color:#FFFF99;
}
li{
    min-width: 50%;
    height: 2em;
}

flex-startで上または左(※縦に並んでいるとき)に、flex-endで下または右(※)centerで中央、space-betweenで均等に揃います。均等はjustify-contentと同じような配置ですので、space-aroundをしてみましょう。

この通り、各行の空白は均等になり、さらに一番上の上部と一番下の下部にも、他の行との空間の半分が入ります。

解説していませんでしたが、Flexboxを設定した場合、縦の位置を揃えるときによく使うvertical-alignは効きません。また、float:noneやclearをしても何も変化はありません。

さて、ここまでFlexコンテナに設定をしていきましたが、この後はFlexアイテムのプロパティを解説します。

Flexboxアイテムに設定する

まずは、orderです。これは、並び順を指定することができます。初期値は0で数値が小さい順に並びます。マイナスの数値も選べます。扱いやすいように各liにclassを設定します。


続いて、cssでFlexboxの設定をします。orderで数値を変更してみます。

ul{
    display: flex;
}
li{
     padding: 1em 0;
     text-align: center;
     background-color: #33CCCC;
}
li:nth-child(even){
     background-color: #00CCFF;
}
li.flex-order1{
    order: 3;
}
li.flex-order6{
    order: -1;
}

初期値が0なので、-1のNav6が一番左に移動し、3を設定したNav1が一番右に移動しました。こちらもスマートフォン表示の時に順番を変えたいときなどに利用できますね。

つづいて、flex-basisを使います。初期値はautoとなり、widthの数値のように扱います。

ul{
    display: flex;
}
li{
    flex-basis: 10%;
}

Nav3だけに数値を設定すると、他のアイテムはautoになり、親要素の幅を分割するのでこうなります。

flex-growプロパティは、FlexアイテムがFlexコンテナ内に入っている場合、残りの領域を埋めるように拡大します。何も設定しない場合は、1が入ります。

ul{
    display: flex;
}
li{
    flex-basis: 10%;
}
li.flex-order4{
    flex-grow: 5;
}

Nav4に5を設定し、他の5つは何も記入しません。設定がない場合は、1になりますので、1×5=5、5×1=5となりますので、合計10に分割されます。Nav4はこれの5つ分の大きさになります。

flex-shrinkプロパティは、flex-growの逆にどこまで縮小できるかの設定です。FlexアイテムがFlexコンテナを超えている場合、超えた領域を各アイテムの数値(割合)で割り当てて縮小します。

ul{
    display: flex;
}
li{
    flex-basis: 25%;
}
li.flex-order2{
    flex-shrink: 2;
}
li.flex-order6{
    flex-shrink: 4;
}

これが一番わかりづらいんですが、まず初期値は1です。Nav2に2、Nav6に4を設定しました。1×4=4と2×1=2, 4×1=4で合計すると10です。flex-basisが25%になっているので、ひとつのliの横幅はul幅約630pxの25%で約157.5pxになります。liは6つあるので、2つ分約315pxほどはみ出します。これを先ほどの合計数10の内どの割合で縮小するのかということになります。

設定していないliは1ですので、約31.5px、Nav2は2ですので約63pxを約157.5pxから引きますので、約94.5pxとなります。Nav6は4ですので31.5×4の約126pxを引き、約32.5pxとなります。

ちょっとわかりづらいですね。flex-growよりは使う機会が少ないかと思います。
追記(20160902):幅の計算方法でわかりやすい記事がありました。
Flexboxを使うなら知っておきたい「flexアイテム」の幅の計算方法| Rriver

また、flex-grow、flex-shrink、flex-basisはflexというショートハンドとして利用することができます。数値の数でどのプロパティに割り当てらるかが変わります。

flex: none                                            /* 値 'none' の場合 */
flex: <'flex-grow'>                                   /* 値が 1 つの構文、パターン 1 */
flex: <'flex-basis'>                                  /* 値が 1 つの構文、パターン 2 */
flex: <'flex-grow'> <'flex-basis'>                    /* 値が 2 つの構文、パターン 1 */
flex: <'flex-grow'> <'flex-shrink'>                   /* 値が 2 つの構文、パターン 2 */
flex: <'flex-grow'> <'flex-shrink'> <'flex-basis'>    /* 値が 3 つの構文 */

参考:flex - CSS | MDN

また、noneの場合は、 0 0 auto、autoの場合は、1 1 auto、nitialの場合は、0 1 auto と同じになります。

align-selfは、個別のFlexアイテムの垂直方向の揃えを設定します。

ul{
    display: flex;
   height: 10em;
}
li{
    height: 4em;
}
li.flex-order2{
    align-self: flex-end;
}
li.flex-order6{
    align-self: center;
}

これで、Flexbox関連のプロパティの基本設定と、どんなことができるのかがわかりました。これらを組み合わせると、Pintarestのような、Masonryレイアウトもそれほど多くない行数で実現することができます。
参考:Flexboxを使った2カラム・3カラム・マルチレイアウトの基本と応用 | Webクリエイターボックス

Internet Explorer11でも、今回紹介したプロパティは、Chromeなどと同じように表示されていますので、徐々に使っていってもいいのではないでしょうか。とはいえ、まだまだfloatを使ったレイアウトは現役ですので、学校でも最初はfloatを勉強していくことになると思います。

お疲れ様でした。

flexbox_004.jpg
素材:PAKUTASO

参考:CSS3のFlexboxを基本から理解して、使い倒そう! | 株式会社LIG
参考:Flexboxについて勉強したい・理解を深めたい時に参考になるエントリーやサイトまとめ | NxWorld

2012.11.27 [火] Adobe MuseでWebサイト

最終更新:-0001.11.30Webサイト制作Tips
先日、約3年ぶりに行われた「WCAN mini Markup」のLTをしてきました。内容は「Adobe InDesign」を使ったものだったのですが「Adobe Muse」も検証をしたので、今後に役に立つかもしれないなと、使い方を紹介しておきます。
とりあえず、体験版を試すためにAdobeのサイトからMuseをダウンロードします。

今回は、こんなサイトを作ろうと思います。
muse017.jpg

起動そして、準備


起動画面は正方形ですね。AdobeCS6シリーズとは違います。

museStart.jpg

まずは、新規Webサイトの作成です。ファイルメニューから新規サイトを選択してダイアログを表示させます。新しく作成するサイトの“横幅”“マージン”“パディング“を設定してOKボタンを押します。
muse001.jpg

最初はプランモードが表示されますので、ページや階層などを構築していきます。また、ヘッダーやフッターなど統一されたものは、マスターページに制作をすれば流用が簡単です。このへんは、「InDesignの操作に似ている」とよく言われてる部分です。
カーソルを合わせると左右下に「+」ボタンがでてくるので、横はグローバルメニュー、下はローカルメニューのページが作成されます。
muse002_3.jpg

今回は6ページほどのページで作ろうと思います。これで、準備は完了です。
muse004.jpg

マスターページを設定


ヘッダーとフッターのデザインは統一して流用したいので、マスターページを設定します。マスターページもページと同様、左右に「+」ボタンがありますので、複数作成することができます。「A-マスター」のサムネイルをダブルクリックすると編集ができるようになります。ツールは数が少なくシンプルです。
muse0052.jpg

ヘッダー領域に“サイトタイトル”と“グローバルナビゲーション”、フッター領域に“コピーライト”を作成します。
グローバルナビゲーションは、ウィジェットライブラリ>メニュー>水平方向をドラッグ&ドロップするとプラン画面で作成したページ数、ページ名を反映したメニューが生成されます。
ウィジェットライブラリを使うとHTMLが<li>でマークアップされますし、自動的にページリンクもしてくれます。
muse0062.jpg

あまり複雑な形には変換できませんが、四角や角丸、グラデーションなど変更ができます。
muse007.jpg

ウィジェットライブラリーには他にもライトボックスやツールヒントを実装できる「コンポジション」「スライドショー」、アコーディオン、タブつきパネルなどの「パネル」「フォーム」なども用意されていて、JavaScriptやHTML, CSSを知らないとできない表現が簡単に取り入れられるようになっています。

フッター領域に配置したいアイテムは、右クリックをして「フッターアイテム」にチェックを入れておきます。チェックが無いと、領域に移動させることができません。
muse008.jpg


これで、マスターページは完成です。プランモードを確認してみると、すべてのページに反映されているのがわかります。
muse009.jpg

Topページの作成&段落スタイルの設定


続いて、ページの作成をしてきます。テキストは他のグラフィックソフトと同じく、テキストボックスを使用します。
muse010.jpg

画像は、ファイルメニュー>配置で読み込みます。ハンドルや数値で大きさなどを決めます。最初からマスクが設定してあり、画像をワンクリックした場合はマスクの大きさ、ダブルクリックして枠が茶色っぽくなれば中身を変更することができます。ここは、他のグラフィックソフトのように“ダイレクト選択ツール”などツールの使い分けではないので、少々迷うかもしれません。
muse011.jpg

段落スタイルの設定は「InDesign」とほぼ一緒です。

  1. 登録したいテキストにカーソルを合わせます。

  2. 段落スタイルパネルで名前と段落タグ(p,h1~h6)を設定します。


これでHTMLに書き出した時に、設定したタグでマークアップされます。

muse012.jpg

その他の便利な設定


Museには、その他にも便利な設定が最初からついています。
まず、各オブジェクトには、最初からステート設定されており“通常”“ロールオーバー”“マウスダウン”“アクティブ”時のビジュアルを変更することができます。いまのWebサイトでは、ボタンのロールオーバーは必須になっているので、これはとても便利です。
muse013.jpg

ページ内のリンクも簡単に、ドラッグ&ドロップでアンカーをつけられます。さらに自動でアニメーションの処理がされます。muse014.jpg

HTMLで書き出し


サイトの確認は、プレビューモードで確認できます。
muse015.jpg

また、ブラウザでも確認ができます。
muse016.jpg

確認ができたら、HTMLで書き出せば終了です。
ディレクトリもわかりやすく、html, css, script, imageに分かれます。
muse018.jpg

また、パブリッシュをするとAdobe Business Catalystにアップされます。アップされるとアクセス解析など、独自の管理ツールが使えるようです。
muse019.jpg

Adobeのグラフィックソフトを使っている人であれば、簡単に操作することができると思います。Adobeが提唱している通り、htmlなどを知らない人でも簡単にとはいかないにしろ、手軽に数ページの静的サイトが完成できるのは、魅力的です。
また、コーディングができる人は、簡単にワイヤーフレームを作って、そのまま書き出したhtmlを使って作業を進めることで時間短縮にもつながるかもしれません。簡単にWebサイトを制作するソフトも色々とあると思うのですが、Museは構造がわかりやすくなっているので、html, cssのカスタマイズもすんなりできそうです。
今回サンプルとして制作したサイトはこちら

今ぐらいのシンプルなメニュー数、ツール数でバージョンアップしていってくれると嬉しいですね。(今は、表組とかはできない、みたいです。)
書き出したら、とても長い記事になってしまいました。

追記:モバイル/タブレットレイアウト機能を追加した3.0が公開されているようです。
検索フォーム
プロフィール

担当:Webデザイン学科

名古屋駅から歩いて6分、トライデントコンピュータ専門学校のWebデザイン学科を紹介します。

トライデントロゴ

質問などはLINEでどうぞ。

Instagram
Webデザイン学科実績
<プレゼン>
WCAN 2016 Springに参加してきました。
WCAN 2015 Winterに参加しました。
建設業入職者増加プロジェクトの発表会に参加
WCAN 2015 Summerに参加してきました。
WCAN 2013 Winterに参加
WCAN(秋)に参加しました。
無事、発表が終わりました【WordFes Nagoya 2013】
WCAN 2013 Summerに参加してきました。
WCAN 2011 Winter LT&LOGO
学生がライトニングトークで話しました。
<展示会>
1年生進級展2018「線の群生」終了しました。
1年生進級展「WWW(Welcome to Web World)」を開催しました。
1年生進級展「お母さんの2度見展」を開催中です。
「うぇ~~~~~~~ぶ2016」終了しました。ご来場ありがとうございました!
「うぇ〜〜〜〜〜ぶ!!」終了。ご来場ありがとうございました!
<コンテスト>
信州アプリコンテスト0 [ゼロ] 2019 KDDI賞受賞!
第5回 ソレコン☆ポスコン特別賞受賞
「第1回 専門学校 HTML5作品アワード」技術賞を受賞しました!
NCF2017でグランプリを受賞しました!
信州アプリコンテスト0 [ゼロ] KDDI賞受賞!
NCF2014(スマホアプリ開発テーマ2) 準グランプリ獲得!
最優秀賞!HTML5スマートアプリ&クリエイティブコンテスト
NCF2013グランプリ受賞!!!
<Webサイト制作>
ミス・ユニバース・ジャパン岐阜大会公式Webサイトを作成しました。
建設業入職者増加プロジェクト発表会
Webサイト制作発表会2014
99eagle Webサイトリニューアル公開
99eagle Webサイト公開
「Bloom*Block」Webサイト公開
セントレア「日本の四季 キルト展」Webサイト公開
かっぱ商店街サイト制作
ココストア共同企画「アサココ!」公開
<技能五輪全国大会>
第56回技能五輪全国大会(ウェブデザイン職種)敢闘賞受賞!
第53回技能五輪全国大会(ウェブデザイン職種)その3
第52回技能五輪全国大会が開催されました。
銀メダル・銅メダル獲得【第51回技能五輪全国大会】
第49回技能五輪全国大会結果発表 敢闘賞受賞
第48回技能五輪全国大会結果発表(銀賞・敢闘賞受賞)
第47回技能五輪閉会式 & 結果発表
第46回技能五輪
<若年者ものづくり競技大会>
第14回若年者ものづくり競技大会
第11回若年者ものづくり競技大会 2日目&結果
第9回若年者ものづくり競技大会2日目(競技日)
第8回若年者ものづくり競技大会2日目
第7回若年者ものづくり大会
第6回若年者ものづくり大会2日目
第5回若年者ものづくり大会
第4回若年者ものづくり競技大会閉会式
月別アーカイブ
タグリスト 改

トライデントコンピュータ専門学校Webデザイン学科業界研究WCAN技能五輪ウェブデザイン職種ウェブデザイン若年者ものづくり競技大会Webサイト映画2013名古屋ECCコンピュータ専門学校ポートフォリオ学生ブログWebデザイン2009WinterWebサイト制作1年生進級展JavaScriptWordPress技能五輪全国大会2011アクアリングオープンキャンパスかっぱ商店街礒田優入学式アクセス解析卒業制作展NagoyaWordpressライトニングトーク卒展2014a-blogcms矢野りんWebCSS石黒雄介Web制作会社SummerCGイラスト学科卒業制作瀬川大勝体験入学Autumn面白法人カヤック若年者ものづくり大会テンプレート作成ホームページ・ビルダー合同企業展杉本拓也大阪mini東京研修学生インタビュー2012HTML5ウェブデザイン技能競技会佐藤歩Flash名古屋駅第48回技能五輪全国大会HCDあいちカレーラーメンコンテスト閉館日2010Japanココストアhtml5GIOIIJinAdobe2015ウェブデザイン技能競技大会gifアニメWebデザインギャラリー林田実樹プレゼンテーション水野裕太UX制作合宿プロジェクトCSS399eaglejQueryCentOS田中睦翔フォトアルバムセントレアCOMMUNICATIONBananaAdWebワークショップ成田篤紀NEXTラーメン愛知県Google人間中心設計Webクリエイター能力認定試験専門学校学生情報デザインフォーラム情報デザイン夏季閉館日サイバーエージェント夏休み上村水月トライデント祭りSpringGridLayout企業訪問ブログパーツマールウェブデザイン技能検定display:gridグリッドレイアウト北濱大輔2018カメラ阿部淳也熊谷佳紀飯田淳介謹賀新年フロントエンドエンジニアYahoo!Japanコミュニケーションデザインワークショップワークショップ結果発表幕張メッセ名古屋市科学館ウェブDeBLOGモンキーワークスポートフォリオサイトWebデザイナー空気人形和みStoreエイチームCalendar5T(ファイヴティー)SEOAdventApple静岡初期設定ビジュアルエディタ写真企業課題グループ制作AWARD久保怜也サーティファイスマートフォンメ~テレ笈瀬本通りイラストマップトライデントinput要素WEBサイト制作者のためのHCDの理解in名古屋output要素option要素textarea要素愛知県選手団legend要素2008たこ焼き名商連就職活動会社訪問fieldset要素label要素form要素select要素トライデント合同企業展鷹野雅弘ForumまぼろしcanvasparticleマークアップエンジニアWebリテラシー茂森仙直うぇーぶ1年生作品展ナゴヤドーム長屋めぐみ中日ドラゴンズ知多みるく戸田芳裕卒業式スマホアプリNTTドコモ東海アップルップルiPhoneWordCamp信州アプリコンテスト[ゼロ]ディプロスアンティー・ファクトリーES6ES2015DTPWORLD情報デザイン基礎レイアウト名古屋開府400年祭PluginアプリコンテストMarkupアサココ!学習株式会社LIG水野怜美鈴木優太ウェブアクセシビリティドラマモリサワjbstyle作品集進級展真鍋大度沖縄岩手県塚本碧産学協同WordFesBoxFICC堀尾真衣出張講座豊田市美術館2017LikeCSSNiteカリキュラムCMSRunstantF-site導入授業Analytics技能五輪予選卒業制作・研究発表会2011英国王のスピーチトライデントカレッジフナ犬ablogcms求人WEBサイト制作者のためのHCDの理解大西健太DTPの勉強部屋横浜デジタルアーツ道頓堀プロトコル分析新世界ぬいぐるみのラパンKtaistyleunoplusLoad知多半島カメラワークスタジオジブリ・レイアウト展田中稚妃呂ネスカフェゴールドブレンドUntitled!!!!!!!!石井研二松坂屋美術館GoogleAnalyticsポートピア名古屋中部国際空港株式会社大沢たかおLazyプロ野球株式会社アクアリングブラザー工業株式会社増田悟GAINAXUltimateAndrioid商店サイト制作SUBARUWEBサイト制作者のためのHCD(人間中心設計)の理解放課後のプレアデス中部国際空港日本の四季柴乃櫂人名チャリITCIRCUS愛知商業高校GAキルト展チタハン10名古屋グランパス8341-3:2010TwitterFLVポスターデザイン・コンペディション名古屋市中村区グラフィクデザイン笈瀬本通商店街みの治商店キルターズフェスティバル2011プチ・フレーズ笈瀬本通名古屋クリエイターフットサル三蔵CODE名駅経済新聞中級編アクセシビリティCustomSmilies絵文字名古屋メディアボンドウェブリテラシー協会Slimbox2サーバーIA伊藤頼子小林信次forビジュアルデベロップメントFLAVER3.0YORKE.JIS名古屋サイト改善研究会シナリオペルソナiPhone4広島弁愛知県立芸術大学卒業・修了制作展1→10design細川太郎Xナゴヤ円JOY!map金シャチ商店街タロヲ商店街CODEポスターデザイン・コンペティションスーパーエレメンツUTZOOMLabuatTokyoCOMPLETEBlog「ヤノベケンジ-ウルトラ」展デコクレセキュリティGENOウィルスワークスコーポレーションCHILDRENADVENT広告批評WCAN×CSSNite西村真里子プレゼン演習TAFF'09武豊町VIIFANTASYFINALアートアニメーション山村浩二□□□switch西田幸司国家検定インターネットスキル認定普及協会ライブペイントヱヴァンゲリヲン新劇場版:破ActionScript富岡聡学科旭食品サンプル製作所食品サンプル黒い太陽ウルトラ展ファルコム音楽フリー宣言音楽ゲーム日本ファルコム荒俣宏UNIQLOヤノベケンジカスタマイズセミナーCALENDARActionScript基礎HTML+CSS基礎SagmeisterStefanW+KTokyo(+CRUZ)QubibiHelveticaデザインのへそSIGGRAPHXRAY2008WinterWebDirectionEast'08ArtlessNamTHEWEBウェブデザイン部門カンファレンスCONTEST01丹下紘希HPデザインデザインコンテストASIAVideopuppetry中村勇吾佐藤可士和SakaeNightTEXTUREサムライ造形基礎デッサンDesignCS4CollegeFLEXアンドリュー・ワイエスデザイン鳥取砂丘鳥取愛知県美術館PHPFLASHMAXデザイナーのためのプログラミング入門カナバングラフィックスウサビッチおかだよういちペルソナ/シナリオ法情報デザイン教育勉強会ヨウイチ浅野智ペルソナ&シナリオ法日本電子専門学校横浜デジタルアーツ専門学校3校合同発表会クリ博就職フェスタイラストコンテストデュエル・マスターズ教育勉強会ロゴ公募FITCCREAM#infoedu小野裕子長谷川恭久伊達千代山崎デザイン事務所コピーライティング鎌倉会社見学浜松IA2010キックオフセミナー夢プロジェクト2009・成果報告会ウェブリテラシー協会第一回セミナー餃子福みつ名古屋おもてなし武将隊武豊アニメーションフェスティバルTAFFWCAN46SalsaWas新横浜ラーメン博物館横浜中華街箱根合宿森川眞行慶華飯店NIKEThereThenAndごはんとFlashマークアップ演習animationescalatorアニメーションMozoramaモーション演習CG・イラストコンテストUNIQLOCKギレン総帥LPO第4回アックゼロヨン・アワード後期入賞CMS特集ソバットシアターコマ撮りアニメ電信柱エレミの恋学生参加アイディグラフィックスガンダムグラフィックデザイン今井佳子ナゴヤデザインウィーク2009是枝裕和監督KyotodotFesHCDプロセスブランディングwonderflFlash-Gamesマクロマリオネット映画のオープニング閉会式ゆるキャラAutuminカラーPHP勉強会大富豪スコアシート東京ゲームショウ2009人喰いの大鷲トリコITホワイトボックス世界のCMフェスティバルストリートビューJAPANインターネットクリエイティブアワードYahoo!武将都市ベースキャンプ名古屋美大NodeList芸大料理InstagramHTMLCollectionappendChild()ECMAScriptお母さんの二度見展マイクロソフトWebプログラミング初級講座インスタグラム醐りょう学生作品集Monacaジムナストコロン日清食品グループタカガールサイト情報系学園祭いな世驛麺通り再進学SyntaxHighlighterv4.0.1スクラップブックD3.js夏休みの課題ノートPC貸与尾鷲高校出身高校AWARDSContentsofTableTOC衣台高校梅澤朝樹ターミナル学校ProxyWCAN2017Spring佐藤洋介服部友厚株式会社エイチーム山川綾那鈴木雄太スタジオディテイルズ水曜日のカンパネラプラネタリアン専門士合同制作合宿学位出席率職業実践専門課程合同制作合宿WebプログラマーWebディレクターWeb制作のおしごと懇親会レスポンシブWebデザインウェブアートデザイナーポートフォリオアイデア帳採用担当者の心に響く高校14平野健太郎バイドゥうぇ~~~~~~~ぶワイヤーフレーム仕事UI坂本邦夫原一浩Codeplyjsdo.itPlunkerJSFiddleJSBin涼麺駅麺通りResurgenceDay:IndependenceクイズCodePenプログラムクイズ坂本貴史制作実績津田直明2016平野秀幸IA/UXプラクティスAO入試河地芳明沼田啓助カークスヴィル安藤志維堀川友章株式会社アンティー・ファクトリー松本渚PhotoshopCS6祐司株式会社スタメン髙橋コンテストソレコン☆ポスコン2019茜音髙橋茜音STUDIO日本総合ビジネス専門学校株式会社MTG2020新卒線の群生Figma企業見学新入生オリエンテーションLIGCBCTBSわたし、定時に帰ります。茂森仙直新年あけましておめでとう2019年令和2年classesHappyNewメンバーズ三瓶Year株式会社LIGHTzスポーツアナリティクス落合祐介杉浦麻紀ライフスタイル冬休み信州アプリコンテストゼロ足立丈也、平子卓哉、増田隼也エペフェンシングmarkereatツールUIデザイン脆弱性なんと読む?韓国期末テストWebデザインスペシャルデー北川パーヤンホ・ジヘHEO冨田伴成イークリエイト藤井英一JIHYEWorld)toNCF2017ミス・ユニバース・ジャパン岐阜大会フォントおじさん関口浩之Webアプリ安藤WWW(Welcome友章堀川志維新城高校青山高校前川元成コーヒー用品NextDoor斉藤洸貴cymaメーカー・ブランド平成31年牧野史門桝田草一株式会社サイバーエージェントあけおめEC事業第56回技能五輪全国大会OculusVRカルタ東京ゲームショウ2018出前授業GO第56回srcsetsourcepicture沖縄県グロースハッカーグロースハックプレゼンたにぐちまことThree.js木下健太郎就職田代豊RhizomatiksPARTYPerfumebyinspired東京佐藤ねじJQuery張山大祐第50回結果長野画像をチェックボタンにするMuseみんなのICTFacebookたこ焼きパーティWeb制作合宿そこにいない。展あいちトリエンナーレ2013displaylist-itemlist-style-typeNTTドコモ東海支社NCF2013モテ声ボーダーHTML5スマートアプリ&クリエイティブコンテスト卒業研究制作展最優秀賞ジョルテKDDI美術大学芸術大学晴れやか嵐が如く第51回技能五輪全国大会Webデザイン演習さかなやフジ家55高橋雅人カレーラーメン麺やOK麺屋ココイチIllustratorSVGライアン・ウッドワードプラネタリウムマーサ・グレアム5月11日Googleロゴ鈴木ゲーム大賞アマチュア部門東京ゲームショウ神戸神戸国際展示場ゴールデンウィークGATEバルサマン3JAPANWORLDCUPMagnumプロジェクションマッピング恵那市岩村DRAGONドラゴンゲート愛知淑徳大学みつけものOhanaメールマガジン尾花大輔第7回若年者ものづくり競技大会Bloom*BlockBloosumTeam東京ゲームショウ2012TOKYOFacebookページMILKSHOWGAMEイマジンカップNHN敢闘賞ツインメッセ静岡静岡県ロゴマーク迎春2011年度StationFuturedocomoドコモ10日でおぼえるLinuxサーバー入門教室トライデント合同企業説明会2015年度Crayon新入生WF1でBLOGインターンシップSyntaxHighlighter竹中民男夏麺フェア木村哲朗森田霞スマートフォンサイトUI図鑑CSS3&jQueryで作る第52回技能五輪全国大会HTMLbutton要素datalist要素オリエンタル麺の匠名古屋駅麺通りNCF2014新年のご挨拶親孝行八木智章ScrollmagicFlexibleBox岡田陽一Flexbox味仙CGスペシャリストDmm.comUXデザインPlatformKaizenアクティビティシナリオ源賢司松田洋樹3DCGアクセシビリティからはじめる、WebサイトのUXデザイWebアクセシビリティVelocity.jsScrollMagic建設経営者倶楽部ワクワク建設タウン東京コスモクリスマス熊﨑彩第53回keygen要素optgroup要素table名古屋マークアップ勉強会テーブル宇野剛志石原愛実マカベン熊野古道那智の大滝本州最南端串本八鬼山ランチ中村健太DesignergoogleGWDF81教室parseInt()parseFloat()道家陽介concrete5栗山聡一備忘録大門坂熊野三山青山敬司結団式山田拓生加藤ひとみ西岡克真アイチータ授業type属性紅茶専門店Liyn-anアイテムカンパニーネイルサロンマウアAnimationAO丸田屋丸高アロチ本家和歌山中華そば岩出本店スパルタキャンプ特別授業青空学区名古屋市営地下鉄柏木祥太北岡弘至

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

東京コスモ
トライデントコンピュータ専門学校
教務課のびのび日記
Pagetop