ウェブDeBLOG | トライデントコンピュータ専門学校 Webデザイン学科

トライデントWebデザイン学科の最新情報を紹介しています。学生へのインタビュー記事から学生作品の解説、Webデザイン・マークアップ・プログラミングの授業風景、プロジェクト発表会、名古屋のWeb制作会社情報、イベント参加レポートやWeb制作の技術解説記事などWeb制作に関連する記事を掲載しています。トライデントコンピュータ専門学校は、いま話題の名古屋駅から地下街を歩いて3分です。 

2011.05.19 [木] 学生ブログ公開2011

今年度の新入生が入学して1ヶ月が経ちました。
昨年同様、慣れてきたこの時期に学生ブログのURLを公開します。
入学を考えている方には、Webデザイン学科の様子を学生目線で感じることができ、Web業界の方々には、未来のWebクリエイターの様子を楽しみにご覧いただければと思います。今、賑わっているソーシャルボタンも設置してありますので「いいね!」など押して、絡んであげてください。
また、「Webデザイン学科」のFacebookページにもRSS配信しております。

〈2011年度 Webデザイン学科 学生ブログ〉 画像をクリックすると各Blog が開きます。
2011w001.jpg 2011w002.jpg 2011w003.jpg
いろはにほへと http://trident-com.net/~2011w001/blog/
Day by Day http://trident-com.net/~2011w002/blog/
飛べない鳥はただの鶏肉だ http://trident-com.net/~2011w003/blog/

2011w004.jpg 2011w005.jpg 2011w006.jpg
くま二郎 http://trident-com.net/~2011w004/blog/
The Prermrian http://trident-com.net/~2011w005/blog/
My memorial http://trident-com.net/~2011w006/blog/

2011w007.jpg 2011w008.jpg 2011w009.jpg
andante. http://trident-com.net/~2011w007/blog/
moko http://trident-com.net/~2011w008/blog/
べきし http://trident-com.net/~2011w009/blog/

2011w010.jpg 2011w011.jpg 2011w012.jpg
Alice's Evidence http://trident-com.net/~2011w010/blog/
フェリクス http://trident-com.net/~2011w011/blog/
そしてWのつく職に就く http://trident-com.net/~2011w012/blog/

2011w013.jpg 2011w014.jpg 2011w015.jpg
glty http://trident-com.net/~2011w013/blog/
ぶろぐもどき http://trident-com.net/~2011w014/blog/
P@ri-pari- http://trident-com.net/~2011w015/blog/

2011.05.19 [木] コミュニケーションデザインワークショップその2

commuWP004.jpg
コミュニケーションデザインワークショップその1
のつづき。

講義2 富士重工株式会社 鈴木 曜 氏

鈴木さんの講義も阿部さんに負けず、盛り沢山です。
マーケティングの話で阿部さんと被る部分は重要と言う事!で。

フェーズ1「どうしてこんなサイトのなっちゃうの?」
まずは、コンバージョンの優秀なサイトと、低いサイト。
どうしてこんなサイトになっちゃったのかは「ディレクションミス」の場合が多い。
注目すべきボタンがたくさんあり、お客さんの選択肢が多く目的が定まらないサイトは、コンバージョンも上がりません。ダメなサイトはお客様の行動を乱している。

フェーズ2「そのサイトは誰のもの?」
マーケティングは売るためのしくみ。フィリップ・コトラーは読んどけ!
市場とお客様の接点を常に意識すること。でも基本は「誰に、何を、どうやって」
そして、強く言われていたのは、「アンケートと実際の行動は異なる。必ず行動を取っていくことが重要である。」

■Web(ユーザー)の特徴
●TVを見ない。新聞を購読しないユーザーが多数存在する。
●気になったらすぐに行動できる→アクションまでがシームレスに展開される
●お客様の行動履歴やページ閲覧数を把握することができる
●その場で検討してアイテムを比較できる。
●第3者(一般の方)が自由にコメントを残せる。(情報をシェア)できる。
●動画再生時間や文章の長さに制約がない。(規制も少ない)
TVは受動的(ふんぞり返り)に対して、PCは能動的(前のめり)である。また発信側からとしては、TVは必殺技であり、決まらなければ終わり、PCはカウンター攻撃であり、相手の行動に対して対応ができる。
しかし、目的に向かっているため、必要な情報以外は見えていない。

■SUBARUが考えるWebユーザーへのアプローチ
購入する人が情報発信者とは限らない(Shareで最後ではないという仮説)
共有から始まる購買行動がある。例えば、試乗体験レポートからのAISASもある。
Webでは「購買行動」と同じくらい「情報発信行動」へのプロセスが重要。

フェーズ3「で、そのサイトで何台売れるの?」
数字を意識したサイト制作をするべきです。なぜならばクライアントはあなたの作ったサイトを数値で丸裸にするからです。KPI(効果指標)の設定なくして、Webサイトの構築はできません。KPIには具体的な指標(数値目標:○○回・○○%・○○PVなど)が求められます。KPIの裏に隠された導線設計が必要。
また、PDCA(Plan→Do→Check→Act)サイクルでは、現在のスピードついていけないため、仮説→検証→仮説→検証を繰り返すべきである。
Yahoo!、Googleから来る人を大事にして、解析の向こうにいる人の「行動」を見るのが大事。

と、とりあえずメモに残っている言葉を書き出してみました。、全然纏まってません、すみません。
講義自体は、SUBARUのサイトの実例に挙げた講演でしたので、そのデータ量には圧倒されましたが非常にわかりやすかったです。うちの学校のサイトも、KPIは必要だなと素直に思えました。そういえば、実例を聞いていて以前SUBARUのプロジェクトについて書いたことを思い出しました。

ワークショップ:SUBARUのキャンペーンサイト企画
課題:「30万キャッシュバック(WEBキャンペーン)サイト制作

1.概要
期間:8月1日~9月30日
内容:スバル車(全車)を成約・登録していただいたお客様の中から抽選で各月100名に30万円をキャッシュバック。CM展開なし。
上記キャンペーンの実施に合わせて、キャンペーン特設サイトを制作し、店頭誘引と拡販に繋げる。
本キャンペーンのプロモーション計画及びWEBサイト制作の企画書を課題とします。

2.サイト制作の考え方
●CPサイトと車種・ブランドサイトとの棲み分け→CPの内容は、ブランドに影響が少ないので、ブランドに拘る必要はないがターゲットにSUBARUの良さが伝わるようにしたい。
●CPサイトに入れ込む情報の整理→情報をシンプルかつダイレクトに伝えつつインパクトのあるサイト。
●キャッシュバック自体の魅力の訴求→キャッシュバックと値引きが混同しており、訴求方法に工夫が必要。お得感の醸成。
●店頭誘引・個人情報の獲得が最大化されるようなサイト構造及び誘導計画

3.ターゲット
(1)ターゲット
〈メイン〉SUBARU低中関与の他社購入検討層(特に妻帯者)
〈サブ〉SUBARU購入検討層
(2)効果検証
明確なKPIの設定

4.クリエイティブについて
●短期間かつ限られた媒体戦略の中で、他業種・他社のサイトに埋もれないようインパクトの強いもの。
●フォントや色調はある程度ブランドのセオリーから外れても構わないが、高額商品である車のキャンペーンサイトとして、全体のクオリティは担保したい。
●購入検討層に的確に情報を認知させるため、内容・対象期間をシンプルにわかりやすく伝えたい。
●インパクトのあるキャンペーン名称を設定し、ターゲットに確実に訴求したい。

5.仕様、予算、制作会社
可能な限り明記して下さい。

6.スケジュール
掲載開始はもちろん、可能な限り詳細なスケジュール明記して下さい。

以上のような内容。
質問により、さらにターゲット層の属性(ライフアクティブ、移動の楽しむ、メカ好きなど)のSUBARUのターゲット層、その他今回のキャンペーンで販売台数を増やしたい車種などが盛り込まれていきます。

ここで昼食タイム。昼食中は「さて、どうしたものか」と頭を悩ませていました。
午後からの様子は、次回書きます。

2011.05.17 [火] コミュニケーションデザインワークショップその1

5月14日(土)に株式会社ワンパク(http://1pac.jp/)の阿部淳也氏を講師としてお招きして行われた「コミュニケーションデザインワークショップ」に参加してきました。

commuWP003.jpg commuWP001.jpg

■講師紹介
阿部 淳也 氏 株式会社ワンパク(1PAC. INC.)
自動車メーカで車内のユーザインターフェース設計を約7年間手がけた後、 IT部門で約4年間Webデザイン、 Flash、CG制作と共に、テクニカルディレクターを経験。 2004年よりCosmo Interactive Inc.に参加。多くのWebサイト立ち上げにプロデューサ、クリエイティブディレクターとして携わる。 2008 年にクリエイティブプロダクション1PAC. INC.を設立し独立。東京インタラクティブ・アド・アワード入賞、グッドデザイン賞受賞、 2010年WebクリエーションアウォードWeb人受賞など。
また、東北・関東大震災被災者への支援プロジェクトとして、Twitter上の被災地情報を市町区村ごとに携帯電話からでも見られるサイト”negau.org”の立ち上げを行う。[negau.org] http://negau.org/
鈴木 曜 氏 富士重工業株式会社
2001年入社。2007年より、日本におけるスバルのオフィシャルサイト運営から、メディアバイイング、 WEBプロモーションまで、WEB領域全体を幅広く統括している。特にソーシャルメディアとリアルイベントを組み合わせたコンテンツ展開が評価されており、過去にTIAA、WebbyAwards 、世界で最も優秀なマーケティング・コミュニケーション活動を表彰するMAAW グローブス賞で銅賞を受賞。個人においても、「Webクリエーション・アウォード2010」で Web人賞を受賞している。一方で、ターゲティング広告に対する造詣も深く、就任後早くから積極的にWEBプロモーションにその手法を取り入れ、実践している。
■タイムテーブル
10:00~:座学(講師:株式会社ワンパク 阿部 淳也 氏)
11:00~:座学(講師:富士重工株式会社 鈴木 曜 氏)
12:00~:鈴木氏オリエンテーション
13:30~:個人でのアイディア出し
14:30~:チームディスカッション
15:30~:各チームまとめ
16:00~:各チームプレゼン
17:00~:総評、まとめ
18:00~:懇親会

スケジュールを見て分かるとおり、朝から晩までギッシリの内容でした。

講義1:株式会社ワンパク 阿部 淳也 氏

◎コミュニケーションデザインとは、
企業や組織が社会で行なう活動において顧客や関係者とどのように向き合い、どのような関係を築いていくのかをマーケティングやブランドも踏まえたコミュニケーション全体として考える必要がある。
これは、非常に広義となります。

◎4P時代から4C時代へ
また、企業側からのコミュニケーションのあり方も高度経済成長時代に比べ変化してきました。
commuWS005.jpg
「Promotion」の語源はラテン語の「Prommobeo(前へ動かす)」からきており、買い手に対して強い志向性(一方向性)を感じるが、それに対して「Communicaion」の語源は、ラテン語の「Communico(共にあずかる、意味を共有する)」からきており、コミュニケーション戦略という表現ですべてを包括することができる。
そして、フィリップ・コトラーの本は読んどけ

◎AIDMAからAISASSS…
インターネットが普及し始めてから購買行動の中で態度変動要因が「AIDMAからAISAS」へ変わってきた。
さらに、Action→Interest→Seach→Action→Share→Seach(自分の買った物への評価が気になる)→Shareという動きも見られ、消費する事へのネガティブさが伺える。(例)「~買っちゃってさー。」
SIPS【Sympathize(共感)→Identify(確認)→Participate(参加)→Share&Spread(共有・拡散)】ってのもあります。

◎マーケティング、ブランドとコミュニケーション
今までのPRは、メディアを向いて行っていたが、ソーシャルメディアの台頭で本当に生活者の方を向けるかが重要になってくる。
マーケティングコミュニケーション(プロモーション・販売促進・パブリックリレーションズ)+ブランドコミュニケーション(アウターブランド・インターナルブランド・CI戦略、CSR、社会貢献、サポート、CS など)
特に社員に対する自社ブランディングの体現(インターナルブランディング)が重要。

◎コミュニケーションデザインの考え方のポイント
ポイントは5つ。
1.ターゲットセグメント→2.タッチポイント・チャネル→3.体験・表現・ベネフィット→4.ゴール→5.関係性。
※このサイクルをぐるぐる回す。どこから始めてもいいし、順番が変わってもいい。柔軟に。

1.ターゲットセグメント
世代や性別などデモグラなセグメントな時代は、終了しつつある。多様化しすぎているので、エリア軸・時間軸・行動軸などシナリオやシチュエーションを踏まえながら組み立てた上でのターゲットやセグメントを決める必要がある。(ペルソナをたてシナリオを書くのが有効)
2.タッチポイント・チャネル(どこでコミュニケーションを図るのか)
店頭、PR、メディア、サイトなど。その他デバイスも考慮に入れるべき。
3.体験・表現・ベネフィット
本当の広告とは、一方向性ではなく、どんな体験をして欲しいのか、どんなベネフィットを感じてほしいのか、「トータルなユーザー体験を設計、それによってユーザーが得られるものは何か」
を解決する方法である。
4.ゴール
KPI(効果指標)を必ず立て、定期的に測定・評価をPDCAサイクルに乗せながら改善をしていく。
5.関係性
ソーシャルメディアを使って関係を築いた後どうするのか、顧客情報を得た後どうするのかが重要となってくる。最近の傾向としては、「絆マーケティング」「マーケティング3.0」など精神的な関係性・繋がりが求められる傾向もある。「One on Oneマーケティング」ができる時代にもなってきた。

◎トリプルメディア・トリプルスクリーン
commuWS006.jpg
従来メディアミックス、クロスメディアなどと言われていたが、現在ではトリプルメディアという考え方に変わってきており、その中でも、やはり自社メディアの重要性が問われている。
Googleで検索したところ、横山隆治著書「トリプルメディア・マーケティングに詳しく載っていそう。
デジタルサイネージは、現在節電のため東京よりは地方のほうが盛んに行われている。

以上が、阿部さんの講義で自分がチェックしたところを書き出しました。
途中、ブログに書くのを諦めようかと思うぐらい、内容の濃~い講座でした。
正直いうと、コミュニケーションデザインの講義の中で、ここまでマーケティングの話が出てくるとは思っていませんでした。しかし、本来マーケティングとはコミュニケーション、マネージメント、デザインを含めた広範囲に及ぶさまざまな交換活動と考えると、コミュニケーションデザインの行動の規範として、重要な位置づけになるのは当たり前なのかと思います。

ということで、最初から脳みそフル回転でした。
この後の、スバルの鈴木さんの講義も濃密で、そのまとめとワークショップについては次に書きます。

2011.05.13 [金] 世界一のプラネタリウム

前回のつづき。世界最大のプラネタリウムです。

Planetarium03.jpg
やはり世界一の大きさということで、外観からもその名を恥じない風格を感じます。

Planetarium02.jpg Planetarium01.jpg
一般で入場しようとすると、午前中には完売していしまうということです。下からみるとこんな感じ(写真右)。

Planetarium05.jpg
座席は全席指定席です。直径35mのドーム内の宇宙はやはり広大で、首を捻るだけでは、全体が見渡せません。そこでリクライニングシートが左右30°に回転が可能となっており、かなり横がゆったりしています。見ての通り座り心地もよくプラネタリウム上映中に寝てしまった学生もいたとか。勿体無い。眼鏡・コンタクトレンズを共用している人は、コンタクトをお勧めします。確実に眼鏡の範囲を超えて星空が広がりますので。

Planetarium04.jpg
広大なドームを星いっぱいにするのが、光学式プラネタリウムの「ユニバーサリウムマーク9」ドイツ製の最新型プラネタリウム装置だそうです。さらに、プロジェクター「スカイマックスDSII型」でCG映像を含めた映像を全天に投影します。詳しくは科学館のWebサイトに紹介されています。
その他、至るところからプロジェクターやレーザー光線で投影して、幻想的な世界を演出しています。上映中も3DCGで立体的に宇宙や植物を表現していたのですが、スクリーン(全天)が大きいので映画館の大画面よりもさらに迫ってくる感覚に迫力があります。
8月末までの上映プログラムは、季節の星座(しし座・おおへび座)のギリシャ神話の紹介や北極星の見つけ方など、オーソドックスな内容です。また「Powers of Ten」のように地球から宇宙の果て、宇宙の果てから地球へと映像があるのですが、CGで立体的に見ることができるので、宇宙に溶け込む感じがします。広大な宇宙との一体感に「あぁ、僕の悩みは、なんて小さいんだろう」と自分を見つめ直せます(※ホントw)。



とはいえ、世界一のドーム、最新型のプラネタリウム投影機を使用している割には物足りない感じがします。どうやら9月以降の新しいプログラムに本気を出すようですので、期待してます。

2011.05.13 [金] 名古屋市科学館見学

5月12日の「業界研究」授業で、今年リニューアルしたばかりの名古屋市科学館へ行ってきました。何の業界研究かは聞かないでください。
話題の世界最大のプラネタリウムに関しては、次のエントリーに書きます。

twitter0420.jpg

現在は、平日でも午前中には完売してしまうという人気絶頂のプラネタリウムですが、実は団体申込み及び学校関係申込みに関しては、事前に予約をすることができます。4月の半ばにTwitterにつぶやいて、数日後には予約完了してました。学校関係者などは見学会を企画した方が、早朝から並ばなくてもプラネタリウムへの入場が可能だと思います。入場料はプラネタリウム・展示室で団体割引(30名以上)大人360円、高大生225円。

プラネタリウムと共に展示室もリニューアルされた科学館。1階~6階の各フロアは生命館と理工館、プラネタリウムを含む天文館に分かれています。地下にはサイエンスホールとイベントホールがあり、今は「お化け屋敷で科学する!」ということで、恐怖について脳がどう反応するのかを、実際にお化け屋敷を体験して考えるという企画展が行われていました。「恐怖する」ということは、動物として生命を守るために必要な能力ということです。

Science_floor_top.jpg


Science11_07.jpg Science11_04.jpg
入り口も綺麗になっています。今日はやはり小中学校の団体が多いです。

Science11_06.jpg Science11_05.jpg
生命館2階には恐竜の骨格標本があります。恐竜も人気のコンテンツですね。次回以降企画展の予定もあるようです。理工館2階では、学生が懐かしの電流イライラ棒に挑戦中です。

Science11_03.jpg Science11_010.jpg
3階生活のわざフロアでは、暑い部屋と寒い部屋でエアコンの技術説明。この日は雨が降っていて蒸し暑かったので、寒い部屋が大人気。右は同じ容量の立方体で、物質の違いから重さがどう変わるのかという実験。木や水にくらべて銅、鉄など金属が重いのですが、タングステンという金属はさらに重い。持ち上がらない。

Science11_02.jpg Science11_014.jpg
竜巻を発生させる装置。子供がはしゃいでます。またまた学生を発見、夢中に触ってます。

Science11_01.jpg Science11_013.jpg
プラネタリウムのドーム下半分は4階部分と5階部分の2層に分かれており、4階はサイエンスステージとして、実験の実演をしていました。今日はアルカリ性と酸性に反応する薬品などを使って、色の実験をしていました。

Science11_012.jpg Science11_011.jpg
至る所に実演スペースやイベントスペースがあり、科学を楽しめる工夫がされています。今日はもう整理券配布が終了でした。

Science11_015.jpg Science11_016.jpg
生命館4階は人体のしくみ。フロア全体が人間の体を表現しており、各所のモニターで各部位の詳細を展示しています。

Science11_017.jpg Science11_018.jpg
ドームの5階部分は宇宙のすがた特設フロア。初期のプラネタリウム投影機や大きな天体望遠鏡など何億光年も遠くの宇宙を紹介しています。
どの装置・フロアも小学生にもわかるように解かりやすくなっていますが、1時間では全てを見ることはできませんでした。プラネタリウム以外も非常に楽しめますので、見学の際は半日コースで考えた方が良さそうです。

2011.05.12 [木] マーサ・グレアム生誕117周年Googleロゴ

昨日5月11日はマーサ・グレアムの生誕117周年でした。マーサ・グレアムさんとは、「アメリカの舞踏家、振付師モダンダンス開拓者の一人(Wikipedia)」ということです。ものすごく有名な方のようですが、全く知りませんでした。
生誕の日ということでGoogleロゴに使用され、そのアニメーションが気になり、調べてみました。アニメーションも「かいじゅうたちのいるところ」のストーリーボードを手がけたライアン・ウッドワードが制作しており、これは紹介せねばと慌てて日付が変わる10分前にキャプチャーで録っておきました。



こちらが、マーサ・グレアムダンスアカデミーの動画。流れるようなダンスが、アニメーションでも上手く表現されています。



ライアン・ウッドワードのダンスを題材にした作品「Thought of You」はこちら。

Thought of You from Ryan J Woodward on Vimeo.

「Thought of You」のメイキングはこちら。

Thought of You - Making Of from Ryan J Woodward on Vimeo.


ほぼGigazinからの情報ですが、他にも「かいじゅうたちのいるところ」のストーリーボードの制作風景の動画もみつかりました。こういった、何気ないキッカケから様々な分野に知識が広がっていくのは面白いですね。

2011.05.10 [火] ゴールデンウィーク2011

あたりまえなんですが、学校は暦通りでした。今年のゴールデンウィークはあまり休日の繋がりが良くなかったですね。オープンキャンパスや体験入学も開催しましたので、大型連休とはいきませんでしたが、それなりに満喫していたので、ご紹介。

まず、5月5日に愛知県体育館で行われたプロレス「DRAGON GATE」に行ってきました。思えば、プロレス観戦に足繁く通っていたのは、全日本プロレスが四天王で沸いていた頃、そして新日本プロレスのnWoで蝶野がむちゃくちゃ怖かった頃。今では、時々深夜にやっている新日本プロレスの放送を横目に寝てしまう程度だったのですが、久しぶりに聖地・愛知県体育館へ足を踏み入れました。
「DRAGON GATE」はJr.ヘビーの選手ばかりの団体で、ルチャリブレ(メキシカンスタイル)プロレスです。観戦する前は空中戦の軽い攻撃ばかりだと、少し舐めてました。いや~、面白かったです。
最初の試合は凄いしょっぱい試合だったのですが、それを布石にCIMAドラゴン・キッドを中心としたBlood WARRIORSが乱入して会場を盛り上げます。その後YAMATO鷹木信悟等のユニットKAMIKAZEや現チャンピオンの望月成晃と抗争を繰り広げるという流れ。これぞエンターテイメント!
こういった抗争や駆け引きなどのストーリーが各試合に盛り込まれており、試合後の行動などにも飽きさせません。試合もさすがのルチャスタイルですので、トップロープから飛びまくりのトペ・スイシーダしまくりで、一気に引き込まれました。

dragongate02.jpg dragongate01.jpg
Blood WARRIORSでは、両腕を高く上げながら「うーーっ!!」というパフォーマンスを観客と一緒に行うのですが、この神田選手はさらにジョン・ウーという技の前に「ジョン・ウーー!」というパフォーマンスがあります。しかし、そのタイミングが最後までわかりませんでした。これは次回への課題です。
dragongate03.jpg

古き良きというか、正にこれがプロレス!また行きたいです。

続いて、5月7日は今シーズン初のナゴヤドーム。それも巨人戦、さらに応援団近くのライトスタンド2階席と滅多にない環境でしたので、はしゃいできました。とは言え、最近のドラゴンズは打ってくれません。この日も1番荒木が3安打で一人で頑張っていましたが結局、巨人・坂本に勝ち越しホームランを打たれ、1-2で負けてしまいました。

nagoyadome05073.jpg nagoyadome05072.jpg
せっかく、ドアラのバク転も決まったのにね。新しいトニー・ブランコの応援歌も覚えたので次回に期待と言うことで、それなりにGWも楽しんでました。
皆さんのGWはどうでしたでしょうか。
検索フォーム
熊本地震 支援・募金まとめ
募集イベントバナー(1年生制作)
BananaAd Banner
プロフィール

担当:Webデザイン学科+

名古屋駅から歩いて6分、トライデントコンピュータ専門学校のWebデザイン学科を紹介します。

トライデントロゴ

質問などはLINEでどうぞ。

友だち追加数
Webデザイン学科実績
<プレゼン>
WCAN 2016 Springに参加してきました。
WCAN 2015 Winterに参加しました。
建設業入職者増加プロジェクトの発表会に参加
WCAN 2015 Summerに参加してきました。
WCAN 2013 Winterに参加
WCAN(秋)に参加しました。
無事、発表が終わりました【WordFes Nagoya 2013】
WCAN 2013 Summerに参加してきました。
WCAN 2011 Winter LT&LOGO
学生がライトニングトークで話しました。
<展示会>
1年生進級展「お母さんの2度見展」を開催中です。
「うぇ~~~~~~~ぶ2016」終了しました。ご来場ありがとうございました!
「うぇ〜〜〜〜〜ぶ!!」終了。ご来場ありがとうございました!
<コンテスト>
NCF2014(スマホアプリ開発テーマ2) 準グランプリ獲得!
最優秀賞!HTML5スマートアプリ&クリエイティブコンテスト
NCF2013グランプリ受賞!!!
<Webサイト制作>
建設業入職者増加プロジェクト発表会
Webサイト制作発表会2014
99eagle Webサイトリニューアル公開
99eagle Webサイト公開
「Bloom*Block」Webサイト公開
セントレア「日本の四季 キルト展」Webサイト公開
かっぱ商店街サイト制作
ココストア共同企画「アサココ!」公開
<技能五輪全国大会>
第53回技能五輪全国大会(ウェブデザイン職種)その3
第52回技能五輪全国大会が開催されました。
銀メダル・銅メダル獲得【第51回技能五輪全国大会】
第49回技能五輪全国大会結果発表 敢闘賞受賞
第48回技能五輪全国大会結果発表(銀賞・敢闘賞受賞)
第47回技能五輪閉会式 & 結果発表
第46回技能五輪
<若年者ものづくり競技大会>
第11回若年者ものづくり競技大会 2日目&結果
第9回若年者ものづくり競技大会2日目(競技日)
第8回若年者ものづくり競技大会2日目
第7回若年者ものづくり大会
第6回若年者ものづくり大会2日目
第5回若年者ものづくり大会
第4回若年者ものづくり競技大会閉会式
Instagram
学生ブログリンク
<1年生ブログ>

WF1でBLOG 2017

<Webデザイン学科2年生ブログ>
タグリスト 改

トライデントコンピュータ専門学校Webデザイン学科WCAN業界研究技能五輪ウェブデザイン職種ウェブデザイン2013若年者ものづくり競技大会名古屋WebサイトポートフォリオECCコンピュータ専門学校映画Winter2009学生ブログWebデザインWebサイト制作WordPress2011JavaScript礒田優かっぱ商店街矢野りん技能五輪全国大会NagoyaWordpresscms2014入学式卒業制作展a-blogライトニングトーク石黒雄介Webオープンキャンパスホームページ・ビルダーテンプレート作成瀬川大勝AutumnSummer若年者ものづくり大会面白法人カヤックCGイラスト学科アクアリング20102012第48回技能五輪全国大会miniWeb制作会社東京研修html520151年生進級展アクセス解析GIOIIJFlashin体験入学杉本拓也Japan名古屋駅あいちカレーラーメンコンテストHCDココストアウェブデザイン技能競技会大阪Adobe田中睦翔情報デザインマール上村水月プレゼンテーションHTML599eagleセントレアブログパーツ情報デザインフォーラムCentOS人間中心設計ラーメン企業訪問合同企業展卒業制作水野裕太Springgifアニメ成田篤紀専門学校ウェブデザイン技能検定愛知県CSS3BananaAd卒展プロジェクトWebワークショップ学生Google静岡2008まぼろしナゴヤドームトライデント知多みるくUXjbstyle戸田芳裕AnalyticsparticleForumYahoo!Japancanvasウェブデザイン技能競技大会長屋めぐみレイアウトlegend要素fieldset要素鷹野雅弘カリキュラムCMS岩手県label要素form要素Boxたこ焼き空気人形LikeWebデザインギャラリー名商連SEOinput要素塚本碧アンティー・ファクトリー真鍋大度iPhoneFICCスマホアプリ1年生作品展中日ドラゴンズイラストマップWEBサイト制作者のためのHCDの理解in名古屋option要素textarea要素output要素select要素茂森仙直堀尾真衣うぇーぶ名古屋開府400年祭笈瀬本通りAdvent5T(ファイヴティー)モンキーワークス写真アサココ!ディプロスサーティファイCSSWebクリエイター能力認定試験導入授業WordCampCSSNiteメ~テレ産学協同会社訪問卒業式ワークショップRunstant就職活動StoreスマートフォンDTPWORLD情報デザイン基礎Apple佐藤歩名古屋市科学館学生インタビューCalendar企業課題ポートフォリオサイト作品集熊谷佳紀林田実樹MarkupjQuery幕張メッセ結果発表閉館日グループ制作ビジュアルエディタコミュニケーションデザインワークショップ阿部淳也豊田市美術館初期設定サイバーエージェントカメラF-site謹賀新年トライデント合同企業展和みWordFes鎌倉福みつThenウェブリテラシー協会第一回セミナーSalsa石井研二夢プロジェクト2009・成果報告会IA2010キックオフセミナーWCAN46浜松餃子WasThere横浜中華街箱根合宿森川眞行新横浜ラーメン博物館慶華飯店AndNIKE会社見学知多半島iPhone4シナリオペルソナ広島弁柴乃櫂人AndrioidITCIRCUS1→10design細川太郎アクセシビリティ名駅経済新聞名古屋メディアボンド金シャチ商店街タロヲ商店街WEBサイト制作者のためのHCD(人間中心設計)の理解チタハン10GAみの治商店Twitter三蔵Ultimate商店サイト制作プチ・フレーズ愛知商業高校グラフィクデザイン笈瀬本通名古屋グランパス名古屋クリエイターフットサルCODEポスターデザイン・コンペディション名チャリ中級編サーバーポートピア名古屋フナ犬ネスカフェゴールドブレンドGoogleAnalyticsプロ野球ブラザー工業株式会社株式会社アクアリング大沢たかお求人名古屋おもてなし武将隊武豊アニメーションフェスティバル武将都市ナゴヤ新世界道頓堀中部国際空港株式会社スタジオジブリ・レイアウト展伊藤頼子増田悟ビジュアルデベロップメント名古屋サイト改善研究会IAYORKE.プロトコル分析WEBサイト制作者のためのHCDの理解unoplus松坂屋美術館カメラワーク技能五輪予選小林信次CODEポスターデザイン・コンペティションTAFFITホワイトボックスFINALアートアニメーション武豊町TAFF'09FANTASYVIICOMPLETECHILDRENADVENT広告批評WCAN×CSSNiteWebリテラシーデッサンDesign造形基礎HTML+CSS基礎西村真里子プレゼン演習ActionScript基礎TokyoLabuatファルコム音楽フリー宣言音楽ゲーム荒俣宏UNIQLOヤノベケンジカスタマイズセミナーCALENDAR日本ファルコム□□□switch「ヤノベケンジ-ウルトラ」展BlogUTZOOMワークスコーポレーションGENOウィルス山村浩二デコクレセキュリティCS4サムライStefanW+KTokyo(+CRUZ)QubibiArtlessSagmeisterHelvetica2008WinterWebDirectionEast'08デザインのへそNam丹下紘希WEBウェブデザイン部門カンファレンスTHECONTESTHPデザインデザインコンテスト01XRAYSIGGRAPHCollegeFLEXFLASHNightSakaeTEXTURE中村勇吾佐藤可士和MAXデザイナーのためのプログラミング入門鳥取VideopuppetryASIA鳥取砂丘デザインPHP愛知県美術館アンドリュー・ワイエスウルトラ展黒い太陽映画のオープニング閉会式ゆるキャラFlash-Gamesマクロマリオネットマークアップ演習FITCCREAMごはんとFlashwonderflKyotoストリートビューJAPANインターネットクリエイティブアワードYahoo!カラーAutumindotFesHCDプロセスブランディングロゴ公募教育勉強会おかだよういちペルソナ/シナリオ法情報デザイン教育勉強会浅野智ペルソナ&シナリオ法横浜デジタルアーツ専門学校3校合同発表会クリ博就職フェスタウェブDeBLOGヨウイチコピーライティング小野裕子#infoedu山崎デザイン事務所スーパーエレメンツイラストコンテストデュエル・マスターズ長谷川恭久世界のCMフェスティバル横浜デジタルアーツコマ撮りアニメ電信柱エレミの恋ウサビッチカナバングラフィックスソバットシアターCMS特集今井佳子アイディグラフィックス学生参加富岡聡学科国家検定インターネットスキル認定普及協会ライブペイント西田幸司ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破旭食品サンプル製作所食品サンプルActionScriptグラフィックデザインガンダムナゴヤデザインウィーク2009UNIQLOCKギレン総帥是枝裕和監督人喰いの大鷲トリコPHP勉強会大富豪スコアシート東京ゲームショウ2009LPO第4回アックゼロヨン・アワードMozorama後期入賞アニメーションescalatorCG・イラストコンテストモーション演習animation日本電子専門学校3松田洋樹3DCG東京コスモクリスマスCGスペシャリスト味仙Dmm.com岡田陽一FlexibleBoxFlexbox熊﨑彩第53回ScrollMagicScrollmagic八木智章竹中民男Velocity.jsWebアクセシビリティワクワク建設タウン建設経営者倶楽部アクセシビリティからはじめる、WebサイトのUXデザイUXデザイン源賢司うぇ~~~~~~~ぶワイヤーフレーム仕事UIウェブアートデザイナーレスポンシブWebデザイン学位出席率職業実践専門課程バイドゥ平野健太郎グロースハックPlatformKaizenアクティビティシナリオグロースハッカー14ポートフォリオアイデア帳採用担当者の心に響く高校夏麺フェア飯田淳介type属性紅茶専門店Liyn-anアイテムカンパニーネイルサロンマウアoptgroup要素keygen要素HTMLbutton要素datalist要素授業アイチータ西岡克真AnimationAO特別授業加藤ひとみ山田拓生結団式愛知県選手団青山敬司第52回技能五輪全国大会オリエンタルHighlighterSyntaxCrayon2015年度森田霞マークアップエンジニアフロントエンドエンジニア木村哲朗アップルップル新入生WF1でBLOGNCF2014新年のご挨拶親孝行麺の匠NTTドコモ東海名古屋駅麺通りインターンシップスマートフォンサイトUI図鑑CSS3&jQueryで作る専門士合同制作合宿NodeList美大芸大水野怜美HTMLCollectionappendChild()学習進級展マイクロソフトWebプログラミング初級講座株式会社LIG料理いな世驛麺通り再進学学園祭醐りょうドラマInstagramインスタグラムお母さんの二度見展ライデントコンピュータ専門学校鈴木雄太フォトアルバムスタジオディテイルズ服部友厚山川綾那株式会社エイチーム尾鷲高校衣台高校梅澤朝樹佐藤洋介ターミナル制作合宿ES2015ES6ECMAScriptSyntaxHighlighterv4.0.1学校ProxyWCAN2017Spring情報系MonacaIA/UXプラクティス平野秀幸坂本貴史制作実績カークスヴィル沼田啓助プログラムクイズAO入試河地芳明津田直明2016Web制作のおしごと懇親会合宿合同制作WebディレクターWebデザイナー原一浩坂本邦夫WebプログラマーCodePenJSBinジムナストコロン日清食品グループタカガールサイト水曜日のカンパネラ夏休み夏季閉館日学生作品集沖縄トライデント祭りプラネタリアンResurgencejsdo.itCodeplyPlunkerJSFiddle涼麺駅麺通りDay:Independenceクイズ青空学区名古屋市営地下鉄東京ゲームショウ神戸神戸国際展示場ゲーム大賞アマチュア部門Ohanaツインメッセ静岡静岡県ロゴマークメールマガジン鈴木プラネタリウムGATEDRAGONドラゴンゲート愛知淑徳大学ゴールデンウィークGoogleロゴライアン・ウッドワードマーサ・グレアム5月11日敢闘賞迎春GAMETOKYO東京ゲームショウ2012第7回若年者ものづくり競技大会SHOWベースキャンプ名古屋IllustratorSVGFacebookページ尾花大輔Bloom*BlockFuturedocomoドコモ2011年度StationNHNBloosumTeamイマジンカップみつけもの恵那市岩村キルターズフェスティバル2011笈瀬本通商店街名古屋市中村区FLAVER3.0放課後のプレアデスSUBARU日本の四季中部国際空港GAINAXFLV8341-3:2010PluginLoadLazy大西健太forSlimbox2XJISウェブリテラシー協会キルト展愛知県立芸術大学北岡弘至伊達千代DTPの勉強部屋ablogcmsMagnumJAPANWORLDCUPプロジェクションマッピングバルサマン出張講座トライデントカレッジCustomSmilies絵文字円JOY!map卒業・修了制作展KtaistyleぬいぐるみのラパンUntitled!!!!!!!!英国王のスピーチ卒業制作・研究発表会2011長野結果parseInt()DesignergoogleGWDparseFloat()備忘録道家陽介concrete5栗山聡一F81教室トライデント合同企業説明会HTML5スマートアプリ&クリエイティブコンテストモテ声ボーダーlist-itemdisplayKDDIジョルテ10日でおぼえるLinuxサーバー入門教室卒業研究制作展最優秀賞中村健太ランチアロチ本家和歌山中華そば熊野三山大門坂丸高丸田屋柏木祥太スパルタキャンプ岩出本店那智の大滝本州最南端tableテーブル宇野剛志石原愛実名古屋マークアップ勉強会マカベン串本八鬼山熊野古道list-style-typeNTTドコモ東海支社木下健太郎就職東京佐藤ねじThree.jsプレゼンRhizomatiks田代豊たにぐちまことみんなのICTウェブアクセシビリティ画像をチェックボタンにする張山大祐JQuery第50回MuseWeb制作合宿モリサワFacebookたこ焼きパーティinspiredbyNEXT高橋雅人カレーラーメン麺やOKCOMMUNICATIONAWARDNCF2013美術大学芸術大学麺屋ココイチフジ家55あいちトリエンナーレ2013そこにいない。展PARTYPerfumeWebデザイン演習第51回技能五輪全国大会さかなや晴れやか嵐が如く田中稚妃呂

メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

東京コスモ
トライデントコンピュータ専門学校
Pagetop