ウェブDeBLOG | トライデントコンピュータ専門学校 Webデザイン学科

トライデントWebデザイン学科の最新情報を紹介しています。学生へのインタビュー記事から学生作品の解説、Webデザイン・マークアップ・プログラミングの授業風景、プロジェクト発表会、名古屋のWeb制作会社情報、イベント参加レポートやWeb制作の技術解説記事などWeb制作に関連する記事を掲載しています。トライデントコンピュータ専門学校は、いま話題の名古屋駅から地下街を歩いて3分です。 

2015.12.15 [火] WCAN 2015 Winterに参加しました。

2015年12月12日(土)に名古屋商科大学 名古屋キャンパス 丸の内タワーで開催されたWCAN 2015 Winter でWebデザイン学科1年生の林田さんがライトニングトークで登壇しました。来場者220名を前に多少緊張しながらもGoogle Chart Toolsの紹介をしました。

wcan2015winter_001.jpg

手軽に導入できることを強調したので、ちょっと使ってみようかなと思ってもらえたのではないでしょうか。

wcan2015winter_002.jpg

スライドも公開されています。さらに詳しいGoogle Chart Toolsの使い方も、林田さんのブログで紹介していくようですので、チェックしてみてください。

今回は、本セッションさることながらライトニングトークも林田さん以外にもPepperくんのプレゼン、中国のWeb事情、面接での受け答え、モバイルゲームのUIデザインの楽しさ、ブログの習慣化の話など、盛りだくさんでした。


セッション1、長谷川恭久さんの「あたかもプロのようにプロトタイプを活用する方法」は、今年大いに話題だったプロトタイプの総まとめでわかりやすく解説されていました。今後1年生もプロトタイプツールを使った制作を始めていきますので、一足先に勉強になったと思います。


佐藤歩さんの「HTML6 でも CSS4 でもない Web 技術のゆくえ」では、もうわかりやすいバージョンアップはないかもしれないHTMLとCSSの現状と未来と、いまWebを取り巻く様々な技術的なセッションでした。とても、わかりやすくなっていたので、学生にも理解できたのではないでしょうか。めずらしく緊張してたみたい。


最後のセッション、Web担当者フォーラムの安田英久さんの「10年後も(たぶん)Webとかの仕事で食っていける仕事の考え方」は、リアルな話でした。今後、Webを学んだ学生が進む道として企業のWeb担当者も考えられます。しかし企業のWeb担当者には、Webが好きな人ではなく、一部署、サラリーマンとして担当しているという話は、考えてなかったことでしたので、そうだよねっと目から鱗でした。


今回は、セッション中の撮影は禁止でしたので、当日の様子はWCANのサイトでご覧ください。

今年も学生に発表の機会をいただいたり、交流の場を提供いしていただいたりと大変お世話になりました。来年もよろしくお願いします!

2015.12.03 [木]  WCAN 2015 Winterでライトニングトーク!

師走です。ということで、本年最後のWCANが12月12日(土)に開催されます。夏のWCANで見知らぬ世界へ足を踏みれた、1年生も今回で3回目。だいぶ、セッションの内容も理解できるようになっていると思います。

今回は、Webデザイン学科1年生の林田さんが、ライトニングトークに登壇します。本セッションかと見間違うほどのメンバーですが、社会人やロボット?!に混じって、Googleのツールについてしゃべりますので、お楽しみに。

wcan2015w_002.jpg

WCAN 2015Winter

日程:2015年12月12日(土) 13:15~ 受付開始 12:30~

会場:名古屋商科大学 名古屋キャンパス 丸の内タワー 14Fホール
   〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦1丁目3-1

会費:一般/¥3,000(税込) 学生/¥1,000(税込)

wcan2015w_001.jpg

今年も、一年の締めくくりにふさわしい登壇者、内容です。来るべき2016年に向けて、しっかりと勉強したいと思います。


セッション
長谷川 恭久さん(http://www.yasuhisa.com/)
あたかもプロのようにプロトタイプを活用する方法

プロトタイプはスマートフォン向けの Web サイトやアプリケーションの制作では欠かせないツール。しかし、聞いたことがあるけど使っていない、使いどころが分からないという理由で活用できていない人も少なくありません。また、国内外、切り口が異なるプロトタイプツールが無数にあることから、どれを選べば良いのか分かり難いです。
現存のワークフローを変えなければプロトタイプは活用できないのでしょうか?無数に登場するほどプロトタイプツールが溢れているのはなぜでしょうか?プロトタイプツールの見分けどころはあるのでしょうか?そもそもプロトタイプは本当に必要なのでしょうか?そんな疑問に答えながら、プロトタイプの使い所を紹介します。

セッション
佐藤 歩さん(株式会社サイバーエージェント Webエンジニア http://aho.mu
HTML6 でも CSS4 でもない Web 技術のゆくえ

HTML5/CSS3という言葉と共にWebの技術が大きく見直されたのも、今や随分と昔の話になってしまいました。 主要ブラウザのリリースサイクルや仕様の策定プロセスの変化によって、Web技術の流れは加速しています。
本セッションでは、そんなWeb技術に関して2015年末の時点でどのようなトピックがあるのかを紹介していきます。 すぐに使えるトピックばかりとは限りませんが、今後の変化を捉えるためにも『見覚え』『聞き覚え』を大事にしていきましょう。

セッション
安田 英久さん(Web担当者Forum http://web-tan.forum.impressrd.jp/)
10年後も(たぶん)Webとかの仕事で食っていける仕事の考え方

「Webサイト制作の仕事って、10年後にどうなってるんだろう」そんなことを一度でも考えたことがある方に向けて、どんな風に考え、どんなことをすれば、10年後にも楽しく仕事をしながら(たぶん)食っていけるかを、お話しします。
Web担当者Forumの編集長として、立ち上げから10年近く業界に触れ、企業にとってのWebサイトの位置づけの変化、Webにかかわる人たちの変化、広告業界の変化を見てきた経験から、 ・制作という仕事 ・仕事をしてお金をもらうということ について、大会社なら教えてくれるかもしれないけれども、意外と社会に出てもだれもちゃんと説明してくれないことを解説します。
カッコいいWebサイトを作る方法も、イマドキのWebサイトを作る方法も、デザイン実務の話も、最新技術の話も、制作ワークフローの話も、どれもしません。 でも、解説はWebサイト制作という仕事を中心に進めます。
主に制作会社の方向けにわかりやすくお話ししますが、話の内容は企業のWeb担当者でも広告代理店の方でも役立てられるはずです。
ただし、「Web」ではなく「ビジネス」に長く携わっている方(つまり40代以上の方)には、当たり前の話であり、おもしろくない可能性が高いことはご容赦ください。

セミナー終了後には、大忘年会が開催され、豪華な商品が当たる大ビンゴ大会もあります。来年のWCANのロゴを決める投票も始まりました。

セミナー、懇親会(忘年会)ともに、まだ若干空きがあるようですので、ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

2015.10.01 [木] Webアクセシビリティセミナーが行われます。

今年に入ってボーンデジタルからWebアクセシビリティ関連の本が2冊出版されました。その「コーディングWebアクセシビリティ」「デザイニングWebアクセシビリティ」の刊行を記念して、名古屋・大阪でWebアクセシビリティのセミナーが開催されます。申し込みが始まりました。名古屋会場はトライデントコンピュータ専門学校ですので、ぜひお越しください。
ただし、当日は本校の「体験入学」も開催されますので、場内の案内板にご注意ください。

アクセシビリティ申し込みサイトリンク

Webアクセシビリティとは

Webアクセシビリティとは、WebサイトやWebアプリが、どんな人やどんな利用環境でも、アクセスすることができ、閲覧・利用できることです。高齢者や障がい者の利用を例にする場合が多いため「Webアクセシビリティは高齢者、障がい者のためのもの」と勘違いされがちですが、現在のWebの利用を考えると、デバイスの違い、通信速度の違い、国籍の違いなど健常者が利用することを考えてもアクセシブルなWebを実現するためには、考慮するべきことがたくさん増えてきました。

UXデザインにも

こういった環境、利用者の変化は、UXデザイン(User Experience Design)の分野でもよく語られていることで、サービス、情報設計やUI(User Interface)、ビジュアルデザインなどなど、ユーザーの動きや心理を様々な手法で検証・考慮するようになってきました。

UXデザインに関しては、10月10日にUX名古屋主催で、ペーパープロトタイピングのワークショップを行いますので、ぜひ参加してみてください。


とはいえ、まずはアクセスしてもらわないことには意味がありません。「デザイニングWebアクセシビリティ」では、UXデザインやUIデザインでよく例にあげられる“エラー”がアクセシビリティの視点で解説されており、Webサイトやってしまいがちな問題点を解決策とともに説明されています。特にフォームに関する部分は読んで勉強になります。実装についても解説されており、解決方法として「人間はHTMLを書かない」なんていうのもあります。なるほど。
また「コーディングWebアクセシビリティ」ではWAI-ARIAの解説と実装方法が書かれています。読んでみると改めてHTMLの構造化を理解することができました。WAI-ARIAについては、すぐに使いこなせるかは別にして、手元に置いておきたい1冊です。

accessibility2015-001.jpg

2冊の出版にともない、Web上でも記事や動画配信がされており、こちらもチェックしてみるといいでしょう。

今回の「アクセシビリティからはじめる、WebサイトのUXデザイン」セミナーでは、ワークショップも予定されており、よりダイナミックにWebアクセシビリティを体験できるのでは、ということです。
具体的な情報は、Facebookページ

でご確認ください。

Webデザイン学科での取り組み

Webデザイン学科ではWebアクセシビリティの勉強にも力を入れており、視覚障がい者の方にお越しいただき、実際に目の前でスクリーンリーダーを利用していただいたり、どんなWebサイトで困っているのかなどを講義していただいたりしています。

今年は、各地で「Webアクセシビリティ」のセミナーが頻繁に開催されており、盛り上がっているようです。そういった意味でも10月24日が楽しみです。

2014.09.22 [月] WCAN 2014 Autumnに参加してきました。

近ごろ朝晩が涼しくなって、秋の訪れを感じます。今年も秋のWCANは、3つの部屋で分かれて行われる3×4セッションタイプで、聴講者がそれぞれ選択して参加します。1年生も2回目の参加になりますので、そろそろ話している内容がわかるようになる時期ではないでしょうか。

wcan2014A.jpg

今回は、たまたま4セッション、全てがBルームでした。ルーム移動もなくゆったりとメモが取れましたので、ブログにまとめておきます。

wcan2014A001.jpg

セッション1

ボクらは誰でもセカイと未来を変えられる 〜+1スキルのご提案〜

デザイン工房ハラペコ 西岡 克真さん
WEBで培った技術はもはやそれだけにとどまらず、色んな要素と絡み合い世界にインパクトを与えられるスキルになりつつあります。 VRやプロジェクションマッピング等、最近トレンドのテクノロジーをおさらいしつつ、エンタメ系だけでなく、実用的な活用方法について世界の実例を交えてご紹介。
このセッションを通して、何かはじめたくなってもらえれば幸いです。
トライデントコンピュータ専門学校でも講師をお願いしている、西岡さんのセッションです。もともとFlashを利用したコンテンツ制作を中心に仕事されてきましたが、最近は新しい技術・表現分野にどんどん挑戦されていて、今年、名古屋駅近くの柳橋市場内にフィーバー柳橋をオープンされました。

wcan2014A002.jpg wcan2014A003.jpg

フィーバー柳橋を中心にして、“わくわく”を発信している西岡さんから、いま持っているWebのスキルを使って「始めちゃおう」「作っちゃおう」と具体的な事例とともに紹介されました。
会議のプレゼンにしか使わないプロジェクター(確かに)があるのであれば、使わないのはもったいない。何でもいい!何かを写してみればいい。何かに何かを。という事で、Tシャツに画像を投影するだけも、何かのヒントになるかも。
また、東京ゲームショウでも話題になっている“VRヘッドマウントディスプレイ”これらのデバイスなどを使った試作も早くから進められていて、実験的な場の創出(フィーバー柳橋、イベントなど)もされていて、これからもどんどん“わくわく”が見られそうです。

セッション2

Web制作を好きになる指導法 ー生徒と学ぶ3年間ー

名古屋市立工芸高等学校 加藤 ひとみさん
現在高校でWeb制作の指導をしています。将来はWeb業界で活躍する生徒を育てることを目標に取り組んでいます。
3年間継続して学習していく中で、Web制作の競技会や全国大会などにも挑戦しています。
Web制作を好きになり、継続して制作していくために、どんなことをさせているのか、これまで悩み考えながら生徒と一緒に学んできたことを紹介します。
競技大会で、いつもお世話になっている名古屋市工芸高校の加藤先生の話。学生時代から情報科の教師になられた経緯、競技大会に本気になったきっかけ、生徒への指導法など勉強になりました。

wcan2014A004.jpg wcan2014A005.jpg

指導①
ウェブ配色の本を読んで、色が持つ印象に興味をもつ
ウェブサイトのトップページのキャプチャ100枚
その中からワイヤーフレーム30個
与えられたテーマに沿ったモックアップ10個
(花屋・学校・病院など)
1サイトにキャッチコピー10個
ロゴマークのデザイン案

指導②
Flash、Illustrator、Photoshopなどのツール使用法

指導③
一緒にサイト制作をしてみる。
例題を用いてサイトの制作。
その都度タグの説明をして、ノートに書く。
ノートの重要性(WEBノート)

指導④
ひとりでサイトを制作してみる。
→テーマを与えてサイトを制作する。
→モックアップを提出し、制作スタート。
わからないことは自分で調べる。
自分で解決する。

指導⑤
作品のプレゼンテーション
仲間と共有
→ダメ出しをもらって、技術を向上させる
→必ず自分のサイトを振り返る
まずは、意見を受け入れる。
→素直がいちばん

指導⑥
同じ課題で全く別のデザインでサイトを制作する
1つのデザインに偏らず、いろんな考えを養うため
先輩とペアになり、わからないところを教えてもらう

授業外の活動で、とても体系的に指導されています。結果がでているという事は、ウェブを好きになる部分と厳しく課題をクリアさせる部分のバランスが良いのだと感じました。

セッション3

ウェブデザインにおける動きの演出のついて

有限会社アップルップル 山田 拓生さん
ウェブデザインにおける動きの演出は今後ますます求められてくると思います。しかしながら、どのように動きをつけたらいいのかなど手探りな場面も多いと思います。現在ウェブサイトで使われている動きの演出をリサーチ・分析し、参加者の方と動きの演出について情報を共有できればと思います。
課題として「CSS、JSで動きの実装が求められるチーム内でのイメージの共有」をどうしたらゴール「ユーザーが楽しく使い続けてくれる動きのあるサイトが作れるようになる。」へ持ってこれるのか。考え方のポイントと実例を交えてのお話しでした。

wcan2014A006.jpg wcan2014A007.jpg

POINT1 UIアニメーション
演出のストックを増やそう。自然界の動きを理解しよう。

POINT2 インタラクション
フィードバックはルールを理解してもらうため。
動きをつけると促せるが、使いすぎるとストレスに。

POINT3 伝え方とテスト
早めにアウトプットして短いスパンでテスト。
時間をかけないようにツールを上手に使う。

以前からFlashでインタラクティブな動きを制作されていた山田さんの話は、とても楽しく勉強になりました。

セッション4

ニュースから読み取るこれからのデザイン

株式会社アクアリング 青山 敬司さん
デザインは問題解決のための手法であり、それはつまり今後の問題を読み取って行くことで先手が打っていけるということに他なりません。
今後、大きな社会問題(現象)となる「人口・労働力の減少」「市場の縮小」に対してWebや広告のあり方と、そこに関わるデザイナーがどう向き合い、どう仕事に関わっていくのか。 昨今の社会事情、ニュースをマーケターではなく、デザイナー視点で捉え、これからのデザインについて話しをします。
日頃から最新のトレンドや新しい技術などをインプットしているデザイナーの方も多いはず。でもあまりニュースを読んでいるデザイナーは少ないかも。流行の表現を仕事に取り入れる事も重要ですが、現在のニュースとそこから読み取れる今後の予想など、デザイナー視点での話でした。

wcan2014A009.jpg wcan2014A008.jpg

2050年、日本は超高齢化が進んでいきます。高齢者にとって便利な使いやすいデザインを今から模索していく必要がある。世界の主要な国に比べても20年ほど高齢化が進んでいる日本、逆に言うとそれだけ早めに色々なノウハウが蓄積されるということです。Webアクセシビリティの重要性は増していく。
成熟した社会になって、もう爆発的な市場の上昇はあり得ませんが、海外からの観光などに対してのホスピタリティの充実を図る。
■ホスピタリティの例
写真のアングル
 →キレイに撮りがち。
 →わかりやすく。
写真を多く。
 →指さしができるように。
ブックマークをしやすく。
 →Ajaxが全盛期で1ページの容量が大きくなっている。
 →回線が細いので。
 →CMSで入れば楽かも。

外国人が日本に来て不満な事で上位に上がってくる「英語表記が少ない」など、まだまだデザインで満足度をあげられる部分は、たくさんあるでしょう。円高や消費税、国際情勢などニュースを知っておく事で、アイデアの源泉、引き出しが増えます。学生も何がきっかけでも構わないので、ぜひニュースをチェックして欲しいですね。ちなみに年代別人口の表がでてくると、いつも気になる1966年(今年48歳)の出生数が極端に少ないのは、丙午(ひのえうま)だったからですね。次は2026年ですが、あと12年、さすがにその時はどうなんでしょうか。

ということで、あっという間の4セッションでした。毎回、秋は講演者はもちろんですが、参加者個人専用のスケジュールとアンケートセットを受付でもらえたり、各ルームの司会など運営のみなさんの準備が大変だと思うのです。本当にありがとうございます!

2014.08.23 [土] スパルタキャンプ【PHP編】2014名古屋開催されました。

実は、ECCコンピュータ専門学校との合同制作合宿の1日前から「スパルタキャンプ【PHP編】2014名古屋」がトライデントコンピュータ専門学校で始まっていました。スパルタキャンプとは一昨年、業界研究授業にもお越し頂いた家入一真さん肝いりの初心者向けプログラミング講座です。今回は参加希望多数のため抽選となりました。また会場は混乱を避けるため、参加者限定公開でキャンプ終了まで明かされないということでしたので、終了後の記事掲載になりました。

spartacamp_001.jpg

詳しくは、家入一真が仕掛けた“スパルタキャンプ・PHP編”|【Tech総研】で紹介されています。

spartacamp_002.jpg

皆さんと一緒に私もPHPを学びたかったのですが、残念ながら出たり入ったりで、ハンズオンには参加できなかったのですが、合間をみて覗かせて頂きました。この方が、講師の柏木さんです。参加者の方々もそうなのですが、皆さんとても若いです。
また、個人的に声や口調が、サイバーエージェントの佐藤くんにそっくりで、落ち着いた語り口や、解りやすく頭にすーっと入ってくる感じは、説得力があるなーと思っていました。

初心者向け、若い方対象ということで、それでも参加者は、全国各地から来られていて、留学経験者、フリーター、大学生、起業を目指している方、作りたいWebサービスがある方、Webデザイナーなど幅広い経験の方々ばかりでした。驚くのはそのモチベーションの高さです。「あぁ、これが本気で知識・技術を学ぼうとする姿勢」なんだと、とても感服していました。学生にもぜひ体感して欲しかったです。
また、最初の自己紹介でヒッチハイクで来ましたという方が、複数おられてびっくり。もしかして今の若い人には、交通手段のひとつとして定着しているのでしょうか。

さて、スパルタキャンプの冠どおりの非常にタイトなスケジュールです。
1日目 9:00〜19:00(昼休み1.5時間)
2日目 9:00〜19:00(昼休み1.5時間)
3日目 9:00〜19:00(昼休み1.5時間)

最初は「エディター」のダウンロードからということで、本当に初歩の初歩から始まります。ここから始めて3日間でどこまで吸収することができるのかが楽しみです。

spartacamp_004.jpg spartacamp_003.jpg

XAMPPをダウンロードし、ApacheとMySQLを起動しlocalhostにファイルを置いていきます。どんどん進んでいくのですが、つまずきながらも、真剣にPCに向き合っています。
初日は演算子や、for文、if文などのプログラムの基礎、2日目にはクラスの継承など、そして最終日には、お問い合わせフォームまで作っちゃいました。
この人たち講座終了後、毎晩名古屋リバ邸で懇親会してるのに、恐るべし。

spartacamp_005.jpg

最終日講座終盤まで、熱くソースの解説をする柏木先生、凄すぎです。
主に懇親会の様子などは、Twitteのハッシュタグ#青空学区で紹介されていますので、興味のある方は、ぜひご覧ください。楽しそうですよ。

主催したお二人もお疲れさまでした!とても良い刺激になりました。無料でプログラムの講座を提供する事で、この講座から次々と講師を輩出していくも目的の一つという事で、学校に通わない勉強の方法としても面白い試みだと思います。


追記:今回、柏木さんのアシスタントとして来ていただいた村井さんがやってるサービス「プロゲート」。PHPの前にやはりHTMLの学習は必要だと思います。そんな時、効率よく独学ができて効果的だと思います。近々PHP版も公開されるそうです。

2014.07.21 [月] UX Japan Forum 2014が開催されました。

物やサービス、情報で溢れかえっている現代において、あらゆる業種・業界でHCD/UXDの重要性が語られています。そんな現在の日本国内におけるHCD/UXDのこれまでとこれからについて、より実践的な例をもって皆さんと語り、探究していきたいという気持ちから開催された「UX Japan Forum 2014」がトライデントコンピュータ専門学校で開催されました。

uxjapan001.jpg

キーノート 「UX思考 - ユーザーエクスペリエンスの視点からイノベーションを生み出す」
山崎 和彦 氏(千葉工業大学)

uxjapan002.jpg

まずは、「エクスペリエンス・ビジョン」「人間中心設計の基礎」の著者で千葉工業大学デザイン学科教授の山崎先生による「UX思考」について解説していただきました。UX(ユーザーエクスペリエンス)という言葉が聞かれるようになり、企業が活用をしています。UXはイノベーションの要素であり、イノベーションを生み出すためのリフレーミング(物事のとらえ方の枠を外すこと)に役立っています。ダスキンの事例など交えて、今後のUX思考の方向性を示唆される内容でした。モノ・コトのデザインから組織のデザインへ山崎先生の注目が変わってきているそうです。

セッションA 「ユーザエクスペリエンス・デザインの破壊と再生」
坂田 一倫 氏(ShibuyaUX / UX Tokyo)、山本 郁也 氏(UX Tokyo)

uxjapan004.jpg

お昼休憩が終わって最初のセッションは、それぞれShibuya UX, UX Tokyoとコミュニティの運営に携わっている坂田さんと山本さんのセッションです。坂田さんは、具体的な事例をもとに、どのようにUX手法を取り入れ、結果を出したのかを解説していただきました。「デザインは想いをそのままカタチにすることである。そのためのHCD」です。
山本さんは、戦略ディレクターとしてスタートアップの経営者をサポートされている実績から、今後のUXの活用領域の変化と、社会人とくに若い新人にたいしてのUX教育の重要性を話されました。その中で、徒弟制度を取り入れていく教育など興味深い内容でした。「 ウェブデザイナーの立場が組織の中で弱い場合が多い。デザイナーが強くならなければならない。」というメッセージが強く印象に残りました。

セッションB 「クライアントの向こう側 - “見えないユーザー”との付き合い方」
平野 秀幸 氏(Sakae UX)、坂本貴史 氏(友情出演)

uxjapan005.jpg uxjapan006.jpg

「Webグランプリ 企業グランプリ部門」受賞のセントレアWebサイト制作でユーザーを、どう捉えたのか。具体的にクライアント先である空港の1室借りて、どっぷりとユーザー調査やヒアリングに費やしての制作状況などの解説+平野さんと坂本さんとのディスカッション内では、受託する時のUXの活用などにも話が至りました。

セッションC パネルディスカッション「UXDと教育」
パネリスト:山崎 和彦 氏(千葉工業大学)、安武 伸朗 氏(常葉大学)、河口 英生 氏(トライデントコンピュータ専門学校)
コーディネーター:浅野 智 氏(HCD-Net)

uxjapan007.jpg

最後は、UXD教育として社会人よりもっと若い世代、学生に対してUX教育の現状と、どのような取組みをされているのか、それぞれ立場の違う教育現場の先生方の意見をディスカッション形式で話していただきました。千葉工大の山崎先生、常葉大学の安武先生と一緒に、トライデントコンピュータ専門学校の河口も同席させていただき、UX教育とまでいかないものの「情報デザイン」の授業について、話をしました。大学の教育に比べると2年制学科ですので、「具体的な手法にこだわらず、制作の中に自然と取り込まれているような進め方をしている」と伝えたかったのですが、少し伝わりにくかったかもしれません。

会場の運営なども兼ねているため、各セッションの詳細などは参加者の方のブログなどをご覧ください。
常葉大学の学生さんたちが、各セッションをRTD(リアルタイムドキュメンテーション)されていて、こちらの記事(UX Japan Forum 2014 覚え書き #UXJapan| 「わ」の日記もどき)にもまとめられて、紹介されていますので、どうぞ。

uxjapan003.jpg

今回は全国各地からお越しいただきありがとうございました。次回は、札幌で開催されるそうですので、おいしい食事とともにいかがでしょうか。
検索フォーム
熊本地震 支援・募金まとめ
募集イベントバナー(1年生制作)
BananaAd Banner
プロフィール

担当:Webデザイン学科+

名古屋駅から歩いて6分、トライデントコンピュータ専門学校のWebデザイン学科を紹介します。

トライデントロゴ

質問などはLINEでどうぞ。

友だち追加数
Webデザイン学科実績
<プレゼン>
WCAN 2016 Springに参加してきました。
WCAN 2015 Winterに参加しました。
建設業入職者増加プロジェクトの発表会に参加
WCAN 2015 Summerに参加してきました。
WCAN 2013 Winterに参加
WCAN(秋)に参加しました。
無事、発表が終わりました【WordFes Nagoya 2013】
WCAN 2013 Summerに参加してきました。
WCAN 2011 Winter LT&LOGO
学生がライトニングトークで話しました。
<展示会>
1年生進級展「お母さんの2度見展」を開催中です。
「うぇ~~~~~~~ぶ2016」終了しました。ご来場ありがとうございました!
「うぇ〜〜〜〜〜ぶ!!」終了。ご来場ありがとうございました!
<コンテスト>
NCF2014(スマホアプリ開発テーマ2) 準グランプリ獲得!
最優秀賞!HTML5スマートアプリ&クリエイティブコンテスト
NCF2013グランプリ受賞!!!
<Webサイト制作>
建設業入職者増加プロジェクト発表会
Webサイト制作発表会2014
99eagle Webサイトリニューアル公開
99eagle Webサイト公開
「Bloom*Block」Webサイト公開
セントレア「日本の四季 キルト展」Webサイト公開
かっぱ商店街サイト制作
ココストア共同企画「アサココ!」公開
<技能五輪全国大会>
第53回技能五輪全国大会(ウェブデザイン職種)その3
第52回技能五輪全国大会が開催されました。
銀メダル・銅メダル獲得【第51回技能五輪全国大会】
第49回技能五輪全国大会結果発表 敢闘賞受賞
第48回技能五輪全国大会結果発表(銀賞・敢闘賞受賞)
第47回技能五輪閉会式 & 結果発表
第46回技能五輪
<若年者ものづくり競技大会>
第11回若年者ものづくり競技大会 2日目&結果
第9回若年者ものづくり競技大会2日目(競技日)
第8回若年者ものづくり競技大会2日目
第7回若年者ものづくり大会
第6回若年者ものづくり大会2日目
第5回若年者ものづくり大会
第4回若年者ものづくり競技大会閉会式
Instagram
学生ブログリンク
<1年生ブログ>

WF1でBLOG 2017

<Webデザイン学科2年生ブログ>
タグリスト 改

トライデントコンピュータ専門学校Webデザイン学科WCAN業界研究技能五輪ウェブデザイン職種ウェブデザイン若年者ものづくり競技大会2013名古屋ECCコンピュータ専門学校2009WinterポートフォリオWebサイト学生ブログ映画Webサイト制作2011WebデザインWordPressJavaScriptかっぱ商店街礒田優技能五輪全国大会a-blog入学式2014cms矢野りんWordpress卒業制作展NagoyaライトニングトークSummer若年者ものづくり大会オープンキャンパステンプレート作成瀬川大勝WebCGイラスト学科Autumn面白法人カヤックホームページ・ビルダー石黒雄介体験入学第48回技能五輪全国大会大阪アクアリング東京研修2012html5杉本拓也inIIJあいちカレーラーメンコンテストmini2010JapanHCD20151年生進級展Adobe名古屋駅ウェブデザイン技能競技会FlashGIOココストアアクセス解析愛知県上村水月卒展専門学校CentOS水野裕太田中睦翔gifアニメラーメンBananaAdSpringプロジェクト企業訪問99eagle合同企業展セントレア卒業制作情報デザインGoogleプレゼンテーションウェブデザイン技能検定ブログパーツ成田篤紀情報デザインフォーラムCSS3HTML5学生マールWeb制作会社Webワークショップ人間中心設計導入授業WordFes作品集WordCampfieldset要素5T(ファイヴティー)ディプロスlabel要素legend要素AdventMarkuptextarea要素レイアウト名古屋開府400年祭input要素豊田市美術館F-siteBoxアサココ!Webデザインギャラリーグループ制作Apple企業課題たこ焼き鷹野雅弘CSSForumスマートフォンStore情報デザイン基礎DTPWORLDUXform要素2008Like和みCalendarアンティー・ファクトリー写真トライデント合同企業展AnalyticsCSSNiteカメラワークショップ結果発表産学協同モンキーワークス笈瀬本通りイラストマップoption要素ナゴヤドーム中日ドラゴンズ知多みるく戸田芳裕トライデントウェブデザイン技能競技大会名商連iPhone堀尾真衣FICCCMSカリキュラム静岡jbstyleWEBサイト制作者のためのHCDの理解in名古屋岩手県塚本碧真鍋大度ポートフォリオサイトSEO空気人形メ~テレビジュアルエディタ卒業式会社訪問阿部淳也コミュニケーションデザインワークショップ名古屋市科学館jQuery就職活動1年生作品展閉館日particlecanvasサーティファイ林田実樹Runstant初期設定佐藤歩熊谷佳紀学生インタビュースマホアプリ長屋めぐみうぇーぶoutput要素Webクリエイター能力認定試験謹賀新年まぼろしselect要素幕張メッセ坂本貴史ゆるキャラ津田直明閉会式デュエル・マスターズFlash-GameswonderfldotFes制作実績ブランディング映画のオープニングKyotoHCDプロセス長谷川恭久ロゴ公募FITC教育勉強会2016#infoeduコピーライティングCREAMAutumin小野裕子マークアップ演習スーパーエレメンツ原一浩山崎デザイン事務所ごはんとFlashマクロマリオネットYahoo!アニメーションMozoramaAO入試escalatoranimation第4回アックゼロヨン・アワードCG・イラストコンテストモーション演習後期プログラムクイズ今井佳子アイディグラフィックス学生参加グラフィックデザインCodePen入賞ガンダム河地芳明LPO世界のCMフェスティバルITホワイトボックスPHP勉強会イラストコンテストJAPANインターネットクリエイティブアワードカラーストリートビューIA/UXプラクティス大富豪スコアシート東京ゲームショウ2009沼田啓助UNIQLOCKギレン総帥ナゴヤデザインウィーク2009カークスヴィル人喰いの大鷲トリコ是枝裕和監督平野秀幸おかだよういち求人新世界道頓堀大沢たかおネスカフェゴールドブレンドフナ犬ウェブアートデザイナーレスポンシブWebデザイン職業実践専門課程出席率WCAN46学位専門士TAFF武豊アニメーションフェスティバルナゴヤ武将都市名古屋おもてなし武将隊ポートピア名古屋プロ野球WEBサイト制作者のためのHCDの理解技能五輪予選平野健太郎プロトコル分析伊藤頼子IAYORKE.ビジュアルデベロップメントunoplusバイドゥ仕事ワイヤーフレームうぇ~~~~~~~ぶ知多半島UI松坂屋美術館スタジオジブリ・レイアウト展合同制作合宿福みつ横浜デジタルアーツ専門学校3校合同発表会クリ博就職フェスタ日本電子専門学校鎌倉箱根合宿森川眞行会社見学ペルソナ&シナリオ法浅野智ペルソナ/シナリオ法情報デザイン教育勉強会ウェブDeBLOG坂本邦夫CMS特集WebデザイナーWebプログラマー横浜中華街新横浜ラーメン博物館Web制作のおしごとIA2010キックオフセミナー夢プロジェクト2009・成果報告会懇親会合宿餃子浜松合同制作ウェブリテラシー協会第一回セミナーWebディレクターAndNIKE慶華飯店ThenThereSalsaWasヨウイチ富岡聡PHP芸大美大デザイナーのためのプログラミング入門水野怜美料理株式会社LIGMAXNodeListHTMLCollection鳥取VideopuppetryASIA鳥取砂丘デザイン愛知県美術館アンドリュー・ワイエスFLASHFLEX醐りょうCS4サムライDesignデッサン造形基礎WebリテラシーTEXTURE中村勇吾ドラマNightCollegeInstagramインスタグラム佐藤可士和SakaeSIGGRAPHappendChild()デザインコンテスト01CONTESTHPデザイン制作合宿ECMAScriptES6ES2015THEWEBProxyカンファレンス学校ウェブデザイン部門WCAN2017SpringSyntaxHighlighterv4.0.1ライデントコンピュータ専門学校お母さんの二度見展デザインのへそ進級展HelveticaWebDirectionEast'082008WinterWebプログラミング初級講座マイクロソフトXRAYSagmeisterStefan丹下紘希学習茂森仙直NamArtlessW+KTokyo(+CRUZ)QubibiHTML+CSS基礎ActionScript基礎カスタマイズセミナークイズIndependence駅麺通り涼麺黒い太陽ウルトラ展ヤノベケンジDay:Resurgence荒俣宏タカガールサイトファルコム音楽フリー宣言UNIQLOCALENDARプラネタリアン水曜日のカンパネラjsdo.itライブペイントサーバー学科JSFiddleカナバングラフィックスウサビッチソバットシアターコマ撮りアニメ電信柱エレミの恋Plunker旭食品サンプル製作所西田幸司国家検定インターネットスキル認定普及協会ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破ActionScript食品サンプルCodeply音楽ゲームVIIFANTASYFINALADVENTCHILDREN学園祭再進学COMPLETEアートアニメーション武豊町驛麺通りいな世プレゼン演習西村真里子WCAN×CSSNiteTAFF'09広告批評情報系MonacaジムナストコロンセキュリティGENOウィルスデコクレ山村浩二日本ファルコム□□□switch日清食品グループワークスコーポレーション「ヤノベケンジ-ウルトラ」展Labuat学生作品集TokyoUTZOOMBlogサイバーエージェント沖縄JSBinシナリオそこにいない。展PARTYPerfumeあいちトリエンナーレ2013HighlighterWebデザイン演習CrayonSyntaxbyinspiredThree.js木下健太郎森田霞プレゼンたにぐちまことRhizomatiks田代豊第51回技能五輪全国大会2015年度NEXT高橋雅人カレーラーメンCOMMUNICATIONAWARDスマートフォンサイトUI図鑑美術大学芸術大学麺やOK麺屋ココイチ嵐が如くWF1でBLOG新入生晴れやかさかなやフジ家55インターンシップ就職東京Facebookページ竹中民男八木智章SVGIllustrator第50回結果長野ベースキャンプ名古屋Scrollmagic第7回若年者ものづくり競技大会ScrollMagicVelocity.js東京ゲームショウ2012TOKYOSHOWGAMEJQuery張山大祐モリサワFacebookたこ焼きパーティウェブアクセシビリティみんなのICT佐藤ねじマークアップエンジニアWeb制作合宿アップルップルYahoo!JapanMuse画像をチェックボタンにする夏麺フェア飯田淳介木村哲朗フロントエンドエンジニアNCF2013NTTドコモ東海支社スパルタキャンプ岩出本店丸田屋柏木祥太名古屋市営地下鉄特別授業オリエンタル青空学区丸高アロチ本家本州最南端串本八鬼山那智の大滝大門坂和歌山中華そば熊野三山AOAnimation授業アイチータ結団式ネイルサロンマウアアイテムカンパニーtype属性keygen要素紅茶専門店Liyn-an愛知県選手団datalist要素加藤ひとみ西岡克真第52回技能五輪全国大会山田拓生青山敬司button要素HTML熊野古道マカベン10日でおぼえるLinuxサーバー入門教室名古屋駅麺通り卒業研究制作展NTTドコモ東海トライデント合同企業説明会googleGWDF81教室最優秀賞ジョルテdisplaylist-style-typeCSS3&jQueryで作るlist-itemモテ声ボーダーKDDIHTML5スマートアプリ&クリエイティブコンテストDesignerparseInt()石原愛実ランチ麺の匠宇野剛志テーブル名古屋マークアップ勉強会table親孝行中村健太NCF2014備忘録parseFloat()栗山聡一新年のご挨拶道家陽介concrete5尾花大輔Bloom*BlockGoogleAnalytics石井研二カメラワークKaizenアクティビティシナリオ田中稚妃呂源賢司横浜デジタルアーツPlatformグロースハックCODEポスターデザイン・コンペティション小林信次増田悟グロースハッカー中部国際空港株式会社株式会社アクアリングブラザー工業株式会社大西健太Lazy笈瀬本通商店街名古屋市中村区FLAVER3.0UXデザインキルターズフェスティバル2011GAINAXSUBARU放課後のプレアデスFLV8341-3:2010forPluginLoadSlimbox2ウェブリテラシー協会XJIS名古屋サイト改善研究会中級編ITCIRCUS柴乃櫂人広島弁AndrioidWEBサイト制作者のためのHCD(人間中心設計)の理解ポートフォリオアイデア帳名古屋グランパスチタハン10iPhone4optgroup要素商店街金シャチ商店街名古屋メディアボンドタロヲ細川太郎ペルソナ1→10design採用担当者の心に響く笈瀬本通Ultimate14商店サイト制作GA愛知商業高校名駅経済新聞名チャリプチ・フレーズ三蔵ポスターデザイン・コンペディションCODE名古屋クリエイターフットサルグラフィクデザイン高校みの治商店Twitter中部国際空港日本の四季東京ゲームショウ神戸神戸国際展示場ゲーム大賞アマチュア部門Ohanaクリスマスロゴマークメールマガジン東京コスモライアン・ウッドワードマーサ・グレアム5月11日松田洋樹プラネタリウム鈴木3DCG静岡県ツインメッセ静岡アクセシビリティからはじめる、WebサイトのUXデザイ建設経営者倶楽部ワクワク建設タウンNHNWebアクセシビリティBloosumTeamイマジンカップStationFuture熊﨑彩迎春敢闘賞2011年度第53回docomoドコモGoogleロゴゴールデンウィーク卒業制作・研究発表会2011FlexibleBoxぬいぐるみのラパン英国王のスピーチFlexboxトライデントカレッジUntitled!!!!!!!!味仙KtaistyleCustomSmilies愛知県立芸術大学Dmm.comキルト展卒業・修了制作展円JOY!map絵文字岡田陽一CGスペシャリストみつけもの恵那市岩村プロジェクションマッピング愛知淑徳大学ドラゴンゲートGATEDRAGONバルサマン3DTPの勉強部屋ablogcmsターミナル伊達千代北岡弘至JAPANWORLDCUPMagnumアクセシビリティ

zenback
メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

東京コスモ
トライデントコンピュータ専門学校
Pagetop